My家電リスト(商品登録)

VL-SWN355KLの登録

VL-SWN355KLの商品情報を入力し、[登録する]ボタンを押してください。
製造番号をご入力されますと、愛用者登録ができます。

VL-SWN355KLについて商品をご確認ください

パーソナルファクス付テレビドアホン「VL-SWN355KL」
パーソナルファクス付テレビドアホン
VL-SWN355KL
商品説明概要

テレビや、携帯電話でも、来客確認できる。

夜でもカラーで来客確認できる!LEDライト搭載の玄関子機採用。

見やすい大画面で、斜めからでも鮮明に見えるIPS液晶採用(親機)

センサーカメラ接続

来客が見えるファクス親機をプラス

録画機能(8枚連続:100件1枚録画:100件)

その他の充実機能

VL-SWN355KLの商品情報を入力してください

(必須)は必須入力項目です。

(必須)

※半角英数字(英字は大文字)でご記入ください。

※製造番号によりましては、英字・数字両方を使用している場合があります。入力の際は、「B(ビー)」と
「8(ハチ)」、「I(アイ)」と「1(イチ)」、「O(オー)」と「0(ゼロ)」などにご注意ください。

※製品記載あるいは、保証書記載の製造番号を入力して下さい

※「製造番号」は商品(家電・自転車)によっては
「シリアル番号」「車体番号」などの表記となっている場合があります。

(必須) 年     月     日  カレンダー入力
(必須)

※最大9行90文字入力可能

画面に表示されている数字
を半角で入力してください。

音声で認証する場合は、「音声
で認証する」を選択してください。
 (必須)
・「画像で認証する」を選択した場合は、表示されている数字を
  半角で入力してください。
・「音声で認証する」を選択した場合は、「再生する」ボタンを
  押して、再生される音声の中から数字だけを聞き取り、
  半角で入力してください。

VL-SWN355KL 機能紹介

  • テレビや、携帯電話でも、来客確認できる。
  • ■テレビ画面に来客映像を表示
    ピンポンが鳴ると、テレビ画面に来客映像を自動で表示。(※自動表示するには、テレビで設定が必要です。また、テレビ画面に来客を知らせるメッセージを表示してからリモコン操作で来客映像を表示することもできます。※)テレビで来客を確認することができます。
    ●テレビの電源が入っていない場合は、ドアホン映像も表示されません。
    ●テレビ画面から来客の応答やドアホン操作はできません。
    *ビエラ対応機種:2008年3月6日現在 PZ750SKシリーズ/PX80シリーズ/LX80シリーズ/17LX8
    (2008年4月発売予定)PZ800シリーズ/PZ85シリーズ/PZ80シリーズ/LZ85シリーズ/ LZ80シリーズ

    ■ディーガに留守中の来客映像を録画できる
    留守中の来客映像をテレビ画面で確認できます(※テレビやレコーダーに表示・録画されるドアホン画像の更新間隔は、登録したテレビやレコーダーの台数、使用環境などで変わります。※)。 最大400件まで録画可能です(※録画時間は1録画あたり最大30秒。音声は保存できません。また、2番組同時録画中は録画できません。※)。
    *ディーガ対応機種:2008年3月6日現在 DMR-XW100/XW200V/ XW300/BW700/BW800/BW900
    (2008年3月発売予定)XW320/XW120

    ■外出時、携帯電話(※対応の携帯電話は、NTTドコモ製または、au(KDDI)製で、ウェブブラウザを搭載し、QVGA以上のJPEG画像表示に対応した機種に限ります。(2008年6月中にSoftBank製のQVGA以上対応3G端末(一部機種を除く)に対応予定)※)で来客画像を確認(※モニター親機をブロードバンド対応のインターネットに接続できる環境をお持ちで、「みえますねっとLite」サービスをご利用いただいている場合。※)
    「みえますねっとLite」サービス(※「みえますねっとLite」サービスはパナソニックネットワークサービシズ(株)が提供するサービスです。別途契約が必要となります。参照パソコン用ウェブサイトURL:http://panasonic.jp/mnet/ サービス利用料金 315円/30日間(税込。通信費別。携帯電話料金に加算。2008年6月中に、1,785円/180日間、3,465円/365日間の支払いメニューを導入予定)※)を利用することで、留守中に録画された来客画像を携帯電話(※対応の携帯電話は、NTTドコモ製または、au(KDDI)製で、ウェブブラウザを搭載し、QVGA以上のJPEG画像表示に対応した機種に限ります。(2008年6月中にSoftBank製のQVGA以上対応3G端末(一部機種を除く)に対応予定)※)で確認(※モニター親機をブロードバンド対応のインターネットに接続できる環境をお持ちで、「みえますねっとLite」サービスをご利用いただいている場合。※)できます。
    ●詳しくは、みえますねっとサイト(パソコン用)をご覧ください。
    http://panasonic.jp/mnet/
  • 夜でもカラーで来客確認できる!LEDライト搭載の玄関子機採用。
  • 本体にLEDライト(照明用ランプ)を搭載し、呼出ボタンを押した来客を照らします。夜間でもカラーで顔などを確認できます。
    ●LEDライトを点灯しない設定もできます。
  • 見やすい大画面で、斜めからでも鮮明に見えるIPS液晶採用(親機)
  • これまでは斜めから見ると暗くなり、画面が見づらくなっていました。IPS液晶は、広い視野角で斜めからでも鮮明な画像で確認できます。また、玄関子機からの着信中は「通話ボタン」が点滅するなど、操作ボタン部分が光ることで、より操作しやすくなりました。
    ●例えばこんなとき
    ・家事で手が 離せない時、斜めからでも画面が見える
    ・小さいお子様や背の高い人の目線でも確認できる
  • センサーカメラ接続
  • 駐車場や勝手口など敷地内の気になる場所にセンサーカメラを設置すれば、不審者などの侵入を検知した際に、室内の親機や子機などに着信音でお知らせし、カメラの映像を確認できます。
    *センサーカメラ対応機種:VL-CM140KT/CM160KT(2008年4月発売予定)2008年3月6日現在。
  • 来客が見えるファクス親機をプラス
  • ファクス親機のカラー液晶画面でも来客時の画像を確認することができます(※ファクス親機のカラー液晶は3.8型を搭載していますが、ドアホン応答時のモニター画像表示サイズは1.8型または2.5型になります。(初期設定は1.8型)モニター画像は約3秒ごとに更新しながら表示されます。また、画像を表示する性能が異なるためテレビドアホンのモニター親機や子機よりも画質が劣ります。※)。 また、ワイヤレスモニター子機で電話もできます。
  • 録画機能(8枚連続:100件1枚録画:100件)
  • 留守中の来客画像を8枚連続で自動録画(最大100件、800枚)し、コマ送り再生機能で確認できます。設定により、1枚録画(最大100件)やメッセージ(固定または自作)で応答し、音声付き画像での保存も可能。(※最大録画件数100件のうち25件を音声付きで保存することが可能です。1件あたりの録音時間は約20秒(固定)です。※)
    ●1枚目:呼び出しから約2秒後。2~8枚目:1枚目の録画後、約1秒おきの画像。
  • その他の充実機能
  • ●住宅用火災警報器と連動する通知機能
    ●女性の声を男性のような低い声に変えて応対できる「ボイスチェンジ機能」
    ●操作や設定がスムーズにできる「操作ガイド表示」
    ●室内の親機や子機の間で通話ができる「室内通話」
  • 工事について(工事には、電気工事士資格が必要です。)
    ●既存のチャイム、ベル、ブザーの配線を利用して、テレビドアホンに切換える場合は、電池式のチャイム、ベル、ブザー以外は配線にAC100Vや24Vなどが流れている場合(電源直結式)があり、これを除かず接続すると故障の原因になります。必ず電気工事士の資格を持つ方が工事を行ってください。工事の際は、工事説明書に従って、必ず取り除いてから接続してください。
    ●ノイズ障害が考えられる場合は、金属配管の中に接続線を通して工事してください。(金属管は必ず大地アースをすること)
    ●AC100V以上の電力線(電灯線)は金属管による別配管工事を行うか、電力線から1m以上離して本システムの配線工事をしてください。
    ●既存または新設の玄関子機配線などを接続する場合は、接続工事の前に、必ず大地アースと配線との絶縁抵抗、配線2線間の絶縁抵抗、および配線の線路抵抗値(直流ループ抵抗)を測定のうえ、下記の抵抗値と照合し、異常のないことを確認してから接続工事を行ってください。
    ・絶縁抵抗値:DC500Vにて1MΩ以上
    ・線路抵抗値:直流抵抗計にてループ抵抗10Ω以内(総長100m以内で)
    ●工事完了後、または接続を変更したときは、必ず呼出、通話などの動作を確認してください。
    ●モニター親機、カメラ玄関子機はそれぞれ5m以上離して設置してください。
    ●ドアホンアダプターを接続する場合、モニター親機は、ドアホンアダプターと電話/ファクス親機からそれぞれ1m以上離してください。ただし、デジタルコードレスの電話機/ファクスをご使用の場合で、子機(VL-W606)を電話/ファクス親機に登録(増設)せずに使うときは、モニター親機と電話/ファクス親機の間を約3m以上離してください。(親機同士の電波干渉を防ぐため)

VL-SWN355KLと同じ製品ジャンルの商品

検索トップへ戻る