My家電リスト(商品登録)

TH-L22D2-Wの登録

TH-L22D2-Wの商品情報を入力し、[登録する]ボタンを押してください。
製造番号をご入力されますと、愛用者登録ができます。

TH-L22D2-Wについて商品をご確認ください

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ(プラチナホワイト)「TH-L22D2-W」
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ(プラチナホワイト)
TH-L22D2-W
商品説明概要

「新IPS液晶パネル」+「LEDバックライト」で、省電力(※「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に準拠した年間消費電力量として、2010年3月30日現在。※)と高画質を両立

「エコナビ」でムダを見つけて自分でエコする(※年間消費電力量として。※)

簡単・便利な「ビエラにリンク!」

充実した機能

TH-L22D2-Wの商品情報を入力してください

(必須)は必須入力項目です。

(必須)

※半角英数字(英字は大文字)でご記入ください。

※製造番号によりましては、英字・数字両方を使用している場合があります。入力の際は、「B(ビー)」と
「8(ハチ)」、「I(アイ)」と「1(イチ)」、「O(オー)」と「0(ゼロ)」などにご注意ください。

※製品記載あるいは、保証書記載の製造番号を入力して下さい

※「製造番号」は商品(家電・自転車)によっては
「シリアル番号」「車体番号」などの表記となっている場合があります。

(必須) 年     月     日  カレンダー入力
(必須)

※最大9行90文字入力可能

画面に表示されている数字
を半角で入力してください。

音声で認証する場合は、「音声
で認証する」を選択してください。
 (必須)
・「画像で認証する」を選択した場合は、表示されている数字を
  半角で入力してください。
・「音声で認証する」を選択した場合は、「再生する」ボタンを
  押して、再生される音声の中から数字だけを聞き取り、
  半角で入力してください。

TH-L22D2-W 機能紹介

  • 「新IPS液晶パネル」+「LEDバックライト」で、省電力(※「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に準拠した年間消費電力量として、2010年3月30日現在。※)と高画質を両立
  • ■「新IPS液晶パネル」と「LEDバックライト」などにより、省電力(※「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に準拠した年間消費電力量として、2010年3月30日現在。※)を実現
    IPS液晶パネルは、開口率が高く、光を多く透過できる特長があります。この特長を活かすとともに、省電力の「LEDバックライト」を搭載することで、省電力(※「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に準拠した年間消費電力量として、2010年3月30日現在。※)を実現しました。
    ・26・22・19D2はパネル下辺に「LEDエッジ型バックライト」を搭載。

    ■新開発のAI機能で、シーンに応じてLEDバックライト光量を制御、黒が引き締まった深みのある映像を実現
    1フィールドごとに検出した映像シーンの特徴に応じてLEDバックライトを制御する新開発のAI機能を搭載。黒が引き締まった深みのある映像をお楽しみいただけます。

    ■広視野角(※上下左右178度。JEITA測定法による、コントラスト比10:1が確保できる角度。※)な「新IPSパネル」搭載で、斜めから見てもキレイ
    広視野角(上下左右178度(※上下左右178度。JEITA測定法による、コントラスト比10:1が確保できる角度。※))な「新IPSパネル」を搭載。斜めから見ても正面から見る色との差が少ないので、さまざまな設置シーンでも、広角度からキレイな映像をお楽しみいただけます。
  • 「エコナビ」でムダを見つけて自分でエコする(※年間消費電力量として。※)
  • 「エコナビ」とは、ユーザーの視聴環境や使用環境に応じて、ビエラが自動的にテレビ本体、及び周辺機器を制御し節電する省エネ機能です。

    ■明るさセンサー
    お部屋の明るさにあわせ、映像の明るさと画質を自動調整して節電(※年間消費電力量として。※)します。

    ■無信号状態が続くと自動で電源オフ
    映像や音声の信号が無い状態が10分以上続くとメッセージを表示し、自動で電源オフして節電(※年間消費電力量として。※)します。

    ■先進のリンク機能
    <こまめにオフ>(※ラックシアターとのHDMIケーブル接続が必要です。※)(※ディーガとのHDMIケーブル接続が必要です。※)
    リンク機能で使っていない接続機器の電力を低減。
    (※ディーガとのHDMIケーブル接続が必要です。※)
    ビエラを視聴していない時は、自動で接続機器の電源をオフ。
    <番組連動おまかせエコ>
    テレビ番組のジャンルに合わせてラックシアター(※2010年モデルとのHDMIケーブル接続が必要です。※) の消費電力を低減。
  • 簡単・便利な「ビエラにリンク!」
  • ■らくらくアイコン
    らくらくアイコンボタンを押すと画面に6つのアイコンを表示。これらのアイコンから選んで簡単に便利な機能を楽しめます。
    <テレビでネット>
    らくらくアイコン「テレビでネット」から、動画配信サービス「YouTube」「アクトビラ」に接続できます。
    <ディーガ録画一覧>
    ビエラリンク接続されたディーガ(*)のHDDに録画されている番組一覧をビエラの画面で確認できます。
    <注目番組>
    「Gガイド」の新サービスに対応。最大1ヶ月先までの注目番組や内容を簡単に画面で確認できます。
    <ジャンル検索>
    放送予定(約1ヵ月先まで)の番組の中からお好みのジャンルに合った番組を簡単に探せます。
    <スライドショー>
    デジカメ写真がテレビの大画面で楽しめます。写真を表示する画面のデザイン(フレーム)や表示効果を選ぶことができます。またBGM付きスライドショー再生も可能です。
    <ビデオ一覧>
    デジタルビデオカメラで撮影し、SDカードに記録したハイビジョン動画、ルミックスで撮影したハイビジョン映像(AVCHD/AVCHD Lite)を大画面で再生してお楽しみいただけます。(*)
    *ビエラリンク各機能の対象機種については、当社ホームページ(http://panasonic.jp/viera/link/index.html)をご参照下さい。

    ■「お部屋ジャンプリンク」
    DLNAに対応のディーガとホームネットワーク(LAN)でつなげば、リビングにあるディーガの録画番組を、書斎などの別室で楽しめます。
    ・対応機種:(ディーガ)BW880/BW780/BW680
    ・BWT3000/BWT2000/BWT1000(4月下旬発売予定)

    ■「おたっくす」対応
    当社ファクス「おたっくす」で受信した内容をビエラの大画面で確認。「おたっくす」で受信したFAX内容を記録したSDカードを、ビエラ本体のスロットに入れれば簡単に画面上で確認できます。大きく見えて紙をムダにしません。

    ■「センサーカメラ」対応
    センサーカメラと接続すれば、屋外の映像をビエラで確認。

    ■「どこでもドアホン」対応

    ■番組ぴったりサウンド(※ラックシアターとのHDMIケーブル接続が必要です。※)

    ■アクトビラ ビデオ・フル

    ■番組キープ(※ディーガとのHDMIケーブル接続が必要です。※)

    ■画面deリモコン

    ■YouTube
  • 充実した機能
  • ■新「インテリジェントテレビ番組ガイド」*おすすめ番組機能を除く
    ■ジャンル別色分け番組表
    ■チャンネル別番組表
    ■ファミリーイヤホン
    ■音声読み上げ機能
    ■カラーユニバーサルデザイン(番組ジャンル別色分け表示&リモコンの4色アイコン)
    ■簡易2画面
    ■ネットで使い方ガイド
    ■バーチャル3Dサラウンド
    ■据置きスタンド(チルト機構付)付属。
    ■ボタンが大きく使いやすい「新らくらくリモコン」

TH-L22D2-Wと同じ製品ジャンルの商品

検索トップへ戻る