My家電リスト(商品登録)

DMR-UBZ2020の登録

DMR-UBZ2020の商品情報を入力し、[登録する]ボタンを押してください。
製造番号をご入力されますと、愛用者登録ができます。

DMR-UBZ2020について商品をご確認ください

ブルーレイディスクレコーダー「DMR-UBZ2020」
ブルーレイディスクレコーダー
DMR-UBZ2020
商品説明概要

4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応

見やすい番組表で話題の番組の録り逃しを防げる

サウンド機能の強化で、“音”も楽しめる

その他の機能

DMR-UBZ2020の商品情報を入力してください

(必須)は必須入力項目です。

(必須)

※半角英数字(英字は大文字)でご記入ください。

※製造番号によりましては、英字・数字両方を使用している場合があります。入力の際は、「B(ビー)」と
「8(ハチ)」、「I(アイ)」と「1(イチ)」、「O(オー)」と「0(ゼロ)」などにご注意ください。

※製品記載あるいは、保証書記載の製造番号を入力して下さい

※「製造番号」は商品(家電・自転車)によっては
「シリアル番号」「車体番号」などの表記となっている場合があります。

(必須) 年     月     日  カレンダー入力
(必須)

※最大9行90文字入力可能

画面に表示されている数字
を半角で入力してください。

音声で認証する場合は、「音声
で認証する」を選択してください。
 (必須)
・「画像で認証する」を選択した場合は、表示されている数字を
  半角で入力してください。
・「音声で認証する」を選択した場合は、「再生する」ボタンを
  押して、再生される音声の中から数字だけを聞き取り、
  半角で入力してください。

DMR-UBZ2020 機能紹介

  • 4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応
  • ■Ultra HD ブルーレイ再生
    次世代のブルーレイディスク規格「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応しました。これにより、従来のブルーレイディスクよりも美しい映像がお楽しみいただけます(※Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによっては本機をインターネットに接続していないと再生できない場合があります。4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HDブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器(ディスプレイ)や端子に接続してください。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0(8bit)まで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては2K解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報はhttp://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/でご確認ください。4K/60pをお楽しみになりたい場合は、18Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。※)。

    ■ダイナミックレンジ変換
    Ultra HD ブルーレイのHDR映像を再生した場合に、HDR非対応のテレビに対しても、当社独自のダイナミックレンジ変換を自動で行い、映像を高画質で楽しめます(※Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応していないテレビをお使いの場合、ディスクによっては再生できない場合があります。※)。さらに、お使いのテレビに合わせて最適な変換に手動で調整できます。

    ■2系統HDMI出力
    AV分離出力可能な2系統HDMI出力を搭載。HDMIの音声端子に接続するとHDCP2.2、4K、HDRに非対応のAVアンプも使えます。また、映像と音声の信号を分離することで互いの信号の干渉を最低限に抑え、より低ノイズに信号を伝送できます。

    <Ultra HD ブルーレイ規格とは>
    新しいブルーレイディスクの規格は、従来のブルーレイディスクより4つの点で進化をしています。

    [1]「4K/60p」対応
    フルハイビジョンの4倍の解像度を有する4K(3,840×2,160画素)映像を、1秒間に60コマで高速表示し、緻密で動きが滑らかな映像を実現します。

    [2]高輝度「HDR」(ハイダイナミックレンジ)対応
    輝度ピークを最大1,000〜10,000nitまで拡大することで、映像のダイナミックレンジ*1が飛躍的に向上。これまで表現が難しかった明るい光源や反射光まで、質感豊かに表現できます。

    [3]広色域「BT.2020」対応
    4K/8K放送に向けて策定されたITU-R BT.2020の広色域信号に対応。従来のブルーレイディスク(BT.709準拠)では表現できなかった豊かで鮮やかな色彩表現ができます。

    [4]「HEVC(H.265)/10bit/100Mbps」対応
    最新の高効率動画圧縮技術HEVC(H.265)による最大100Mbpsの映像信号に対応。従来のブルーレイディスクを大幅に超える圧縮効率と高ビットレートで、4K/60p、HDR、BT.2020などの高品位な映像を再現します。また、色差信号(Y、Cb、Cr)を各10bit(1,024段階)まで拡張することで、より微小な信号まで忠実に再現します。
  • 見やすい番組表で話題の番組の録り逃しを防げる
  • ■「新番組/特番おしらせ」で話題の番組の録り逃しを防ぐ
    番組表を開くと、地上デジタルやBS/CSの話題の新番組(※番組名に 新/“新”/“新番組”/“新シリーズ”が含まれるものが対象。※)や不定期放送の特番(※18時から23時59分までに放送開始される1時間45分以上の地上デジタルの番組が対象。※)、映画の初放送番組(※番組名および番組内容に“初放送”/“TV初”/“テレビ初” /“地上波初”/“BS初”/“CS初”を含む[映画]が対象。※)をポップアップでお知らせ。リモコンの「新番組」ボタンを押すと一覧で番組内容や出演者情報などを確認でき、そのままワンタッチで録画予約もできるので、録り逃しを防げます。画面に表示するジャンルの変更(※[ドラマ][アニメ][バラエティ][映画][全ジャンル]に切換え可能※)や放送波ごとの絞り込みなども可能です。

    ■番組内容が見やすく、気になる番組も探しやすい
    番組表の文字にメリハリをつけることで、番組タイトルと内容の区別がつきやすくなり情報量もアップしました。番組内容が確認しやすくなったので、気になる番組を探しやすくて便利です。さらに文字サイズも選ぶことができます。
  • サウンド機能の強化で、“音”も楽しめる
  • ■「ハイレゾリマスター」で録画番組やBD、音楽CDもハイレゾ相当の音質で楽しめる
    録画番組やBD、音楽CDの再生時に「ハイレゾリマスター」機能で音声をハイレゾ相当にアップコンバート。HDMI出力なら最大192kHz/24bit(※ハイレゾ対応のアンプやテレビとの接続が必要です。光音声出力時は最大96kHz/24bit。※)の高音質で楽しめます。ハイレゾ対応「ディーガスピーカー DY-SP1」(別売、11月中旬発売予定)と組み合わせれば、ディーガで再生するBDや音楽も高音質で楽しめます。

    ■音楽CDの取り込み(CDリッピング)*に対応
    音楽CDをディーガのハードディスクに取り込めます。2TBのハードディスクなら最大約25,000曲、CD約2,300枚分(※CD1枚=11曲として算出。※)の音楽を保存できます。楽曲を取り込む際に曲のタイトルやアーティスト情報、アルバムジャケットも自動保存されるので、目当ての曲を探しやすく便利です(※Gracenote Music ID®に対応して自動でアルバム情報を取得。CDによっては情報を取得できない場合があります。※)。
    *番組の録画中はCDのハードディスクへの取り込みができません。また、CDのハードディスクへの取り込み中は録画が実行されません。取り込み完了後に録画を開始します。

    ■ハイレゾ音源などの音楽ファイル再生
    ハードディスクに保存したハイレゾや音楽CDなどの音楽ファイルを再生できます(※本製品で再生できる対応ファイルは、MP3/WAV/FLAC/AAC/DSD/ALAC。※)。再生画面には曲名、アーティスト名やジャケット写真が表示されます(※Gracenote Music ID®に対応して自動でアルバム情報を取得。CDによっては情報を取得できない場合があります。※)(※ダウンロードしたハイレゾ音源は、ダウンロードサイトで入手した情報を表示します。※)。また、e-onkyo musicで購入した楽曲を自動でハードディスクにダウンロードする機能(※詳細についてはe-onkyo musicのホームページをご覧くださいe-onkyoサービスに関するお問い合わせ先:http://www.e-onkyo.com/support/beginner.aspx e-onkyoのメンバー登録と、「e-onkyo music」アカウントに関する情報の登録が必要です。また、本製品の動作状況によってダウンロードが一時停止する場合があります。※)にも対応。さらに、保存した音楽を「SC-ALL05」などのネットワークオーディオ対応機で家じゅうどこでも楽しめる「サウンドジャンプリンク」に対応しています(※ネットワークオーディオ機器で再生する場合、対応ファイルはDLNAクライアント(再生機器)に依存します。サウンドジャンプリンクの詳細はhttp://panasonic.jp/compo/soundjumplink/でご確認ください。※)。
  • その他の機能
  • ■「2ステップらくらく設定」でかんたん初期設定

    ■スマートフォンやタブレット(※視聴アプリ「Panasonic Media Access(無料)」のダウンロードが必要です。iOS8以降、Android™4.1以降に対応。※)、パソコン(※(株)デジオン社製のWindows用視聴アプリ「DiXiM Play for DIGA Windows版(有料。Windows8.1,Windows10に対応。WindowsPhoneは非対応)」のダウンロードが必要です。Windows用視聴アプリに関する詳細はhttp://www.digion.com/diximplay/diga/でご確認ください。※)で録画した番組を楽しめる(※スマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末と本機を宅内ネットワークに接続して視聴アプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。本機に登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本機の使用状況によっては視聴できない場合があります。本機を日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(http://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/)を参照ください。※)「外からどこでもスマホで視聴」
    ・専用アプリ「メディアアクセス」が新たにオフラインでも楽しめる「番組持ち出し」(※720p、VGA(650kbps)の持ち出しをご利用にはディモーラの有料会員の登録が必要です。※)に対応
    ・新たにパソコンにも対応(※(株)デジオン社製のWindows用視聴アプリ「DiXiM Play for DIGA Windows版(有料。Windows8.1,Windows10に対応。WindowsPhoneは非対応)」のダウンロードが必要です。Windows用視聴アプリに関する詳細はhttp://www.digion.com/diximplay/diga/でご確認ください。※)

    ■「4Kリアルクロマプロセッサ」によるマルチタップクロマ処理

    ■「4Kダイレクトクロマアップコンバート」で、より美しい4K(60p/30p/24p)の映像を表現できる

    ■4Kインターネット動画に対応(※アプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。アプリの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。※)

    ■4K撮影動画の保存・再生(※MPEG-4 AVC/H.264:High Profile 5.2以下。ビットレート:100Mbps以下。解像度/フレームレート:1920×1080/120p、3840×2160/60p、4096×2160/60pまで。4K映像の視聴には、HDMIの4K/60p、4K/24pまたは4K/30p入力に対応した4Kディスプレイが必要です。※)

    ■4K撮影動画や音楽ファイルのバックアップ(※BD-RE/BD-Rにバックアップした動画・音楽を再生するには、本体ハードディスクへの再取り込みが必要です。※)

    ■「SeeQVault規格(※対応の機器についてはホームページをご確認ください。・SeeQVaultとは対応機器間での強固なセキュリティを実現する新たなコンテンツ保護技術の規格であり、放送番組を録画した機器のみでなく、対応ディーガで記録/再生できます。・SeeQVault対応のUSB ハードディスクへの放送番組の直接録画はできません。※)のUSBハードディスク」に対応

    ■他社製テレビの操作もできる「テレビ操作ボタン」(※テレビの機種によっては操作できないボタンもあります。※)

    ■「お部屋ジャンプリンク」で録画番組や放送を家じゅうに2ヶ所(※本体で録画・ダビングが同時に行われている場合など、2ヶ所への転送ができない場合があります。スマートフォンやタブレットへの転送には専用アプリ「Panasonic Media Access」が必要です。※)同時配信

    ■今まで使っていたレコーダーの番組を本製品に「お引越しダビング」(※ダビング元対応機種については当社ホームページをご確認ください。http://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/※)

DMR-UBZ2020と同じ製品ジャンルの商品

検索トップへ戻る