オーナー限定 体験イベント 開催レポート

パナソニックと「農業」、一見つながりのないように見える、2つの接点とは…?


私たちにとって、「食べる」ことは欠かすことのできない営みのひとつです。
日々、食べている野菜はどのように育ち、食卓にのぼるのでしょうか?農家のかたの想いとは?
-収穫体験をとおして、食と農業の「今」に興味を持っていただくきっかけづくりに- そんな願いから実現した企画です。
冬の終わり、寒さに負けず豊かにそだった野菜やいちご。収穫のあとは、とれたてならではの美味しい料理に、それぞれ発見と驚き、笑顔が広がりました。
ひとあし早い春の訪れを感じた1日の様子をお伝えします。

収穫体験の様子

収穫体験いただく作物は減農薬!

晴天ながら風の強い日となった開催当日。農家のかたから野菜についてのレクチャーを受けたら、しっかり上着を着込んで畑に向かいます。

今回は5品種の収穫を体験!目の前に広がる畑の景色に寒さを忘れ、嬉しそうに収穫するわが子を熱心に写真におさめる保護者のみなさま。

ひとつひとつ収穫していくたびに、笑顔がこぼれます。

(1)白菜:

外側が茶色くなった葉に包まれた白菜。

この外葉は、厳しい冬の寒さから可食部を守り抜いた証拠です。

収穫用の大きな鎌を初めて目にするかたも多かったのではないでしょうか。

手元に注意して大きな白菜を収穫!お子さまたちも大喜びでした。

(2)守山矢島かぶ:

この地に古くから伝わる伝統野菜。市場にはほとんど流通しない珍しい品種です。

一説にはその起源は戦国時代とも言われています。

お味噌汁にするとおいしいよ、と農家のかた。珍しい野菜とその調理方法に大人も興味津々です。

(3)三太郎大根:

全長20㎝ほどの、小型に類する品種。ですが、畑からニョキっと首をのぞかせているのは、ずんぐりと豊かに育った立派な大根。

お子さまたちは大根にまたがるように立ち、力いっぱい引き抜きます。

(4)食用なばな:

春を伝える可憐な黄色の花が印象的な食用なばな。生食ができると聞き、摘みたてをその場で食べてみるかたも。

持ち帰って飾るために、きれいな花束をつくるお子さんもおり、思い思いに春を満喫しました。

(5)よつぼしいちご:

一般的に苗から育てるいちごですが、こちらのいちごは毎年種から育てます。

糖度が高いことが特徴のよつぼしいちごは、まだ市場に流通していない希少な品種です。

甘くておいしいいちごを、おなかいっぱい食べて大満足!

収穫した野菜のご試食

冷えた体にうれしい鍋料理や、パナソニックのIHデイリーホットプレートでチーズフォンデュをつくり、お待ちかねのご試食タイム!とれたて野菜の美味しさを存分に味わいます。

食後には、ハウスで摘みたてを楽しんだいちごをつかった、いちご大福の手づくり体験も行いました。

たくさんの人の手を介し、大切に育てられ、私たちの食卓にのぼる野菜たちへ、心をこめて「いただきます!」

目の前で次々と調理し並べられていくとれたて野菜に、普段は野菜をあまり食べないというお子さまたちも、おなかいっぱい召しあがってくださいました。

農家のかたからのお話し

今回の収穫体験は「JAおうみ冨士」にご協力いただきました。

栽培履歴の見える化など、安全な農作物の育成をITで支援する、パナソニックの「栽培ナビ」をご利用いただいています。

現役農家さんならではの貴重なお話しの一部をご紹介します。

■無駄な部分などない-
白菜の外葉など、食用としない部分をその場で落としていくのですが、これは「ごみ」ではありません。やがては土に還り、次の作物の肥料となり、実りをもたらします。

■鳥が食べる、虫が食べる-
今回、収穫体験いただけなかったブロッコリー。野鳥に食べられたことにより成長が止まってしまいました。生き物との戦い、そういった出来事も農業の側面のひとつ。実際に成長を止めてしまったブロッコリーもあえてご覧いただきました。

■一緒にくらす小さな応援団-
いちごハウスにいるミツバチは、受粉を助けることで形のきれいな実を育てる力に。テントウムシは害虫を捕食することで病気を防ぎます。減農薬栽培にとって、生き物の力もまた欠かせないものとなるのです。

参加されたみなさまの声

Q.
本収穫体験に参加された
満足度を教えてください

イベントに参加された8組へアンケートを実施

家電のパナソニックという印象が少し変わりました!家電だけでなく、生活に根差した企業であるイメージが強まりました。商品の押し売りのようなこともなく非常に良い雰囲気で楽しめました。

30代/男性(大阪府)

とてもいい経験ができました。農家のかたの熱い思いも伝わりました。パナソニックが農業の発展のため尽力されていることもはじめて知りました。

40代/女性(京都府)

家族ともども大変楽しく過ごせました。JAとのコラボ企画というのが印象深く、新しい可能性を感じられるイベントは、私たちにもメリットがあるのではないかと思います。

40代/女性(京都府)

スタッフの人数も多く皆様気さくな方だったので、何でも聞きやすく、手厚いサポートをして頂き大変満足しています!ありがとうございました!

30代/女性(京都府)

イベントがきっかけで、周りの友人たちからオーナーズサービスに「とても興味がある」と言われました。

30代/男性(大阪府)

商品紹介

【今回使用した商品】

IHデイリーホットプレート(KZ-CX1)

業界初※2口 IH ホットプレート

テーブルに馴染むスマートデザインで多機能調理。

片付けなくていい IH デイリーホットプレート誕生。

※2018年8月1日発売。家庭用卓上IH調理器において。

IHデイリーホットプレートの詳細はこちら

CLUB Panasonic事務局より

ご応募の段階から大変大きな反響をいただいた今回の収穫体験。
オーナーのみなさまの食に対する意識の高さを改めて感じられたイベントとなりました。
調理家電の商品化はもとより、長きにわたり「食」に携わり続けてきた当社だからこそできる柔軟な視点で「食」に触れ、みなさまに楽しんでいただけるコンテンツをご提供してまいりたいと思います。
お越しいただきましたみなさま、ありがとうございました。

あなたの暮らしの時間をゆたかにする
CLUB Panasonic オーナーズサービス

安心サポート サービス

家電の修理作業や消耗品管理、専用ダイヤルなど、いつでもすぐにあなたをサポート。
オーナーだけのコンシェルジュ。

詳しく見る

オーナー限定 体験イベントご招待

いつもの食事の時間を特別に。趣味の時間をもっと楽しむために。商品体験イベントやパナソニックの関連施設へのご招待であなたの時間をゆたかに。

詳しく見る

CLUB Panasonic コイン
オーナー特典

買い物でも、食事でも、旅行でも。くらしの様々な場面でたまるCLUB Panasonicコイン。コインモールでのお買い物は、オーナー向け優待還元率でもっとおトクに。
※正式名称:CLUB Pansonic コイン

詳しく見る