エンタメニュース

宮本浩次ソロデビュー曲「冬の花」MV公開 監督は「獣ゆく細道」児玉裕一氏

2019年02月12日 04時00分
宮本浩次ソロデビュー曲「冬の花」MVが公開
宮本浩次ソロデビュー曲「冬の花」MVが公開
 ロックバンド・エレファントカシマシのボーカル・宮本浩次のソロデビュー曲「冬の花」が12日から配信開始され、ミュージックビデオ(MV)も公開となった。椎名林檎×宮本浩次「獣ゆく細道」を手がけた児玉裕一氏による作品で、宮本の魅力が各所にちりばめられた映像となっている。

【動画】宮本浩次が感情をむき出しに歌う「冬の花」MV

 宮本が音楽プロデューサー・小林武史氏とタッグを組んだ同曲は、木村佳乃主演カンテレ・フジテレビ系ドラマ『後妻業』(毎週火曜 後9:00)主題歌。いつか歌謡曲を作りたいと思っていた宮本が、“最後の最後に、晩節において、大きな美しい大輪の花を咲かせるイメージ”として書き下ろした。

 MVで宮本は、女性目線で歌われる切ない歌詞世界とは対照的に、感情をむき出しに歌いながら車を運転する。楽曲の盛り上がりと比例するように、車のギアとスピードが上がり、宮本はその感情の昂りそのままに歌い上げる。美しくドリフトする車の窓ガラスからは、座席に積んであった大量の薔薇の花びらが舞い円を描く。

ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス