エンタメニュース

話題の動物関連コミックエッセイ2作がTOP10入り ジャンル別で1位2位独占

2019年02月01日 04時00分
ナガノ『MOGUMOGU食べ歩きくま 1』(講談社/1月23日発売)
ナガノ『MOGUMOGU食べ歩きくま 1』(講談社/1月23日発売)
 2/4付オリコン週間BOOKランキング(集計期間:1月21日~27日)では、話題の動物関連コミックエッセイ2作品が初登場でTOP10入りした。人気イラストレーター・ナガノ氏の『MOGUMOGU食べ歩きくま 1』が、週間2.0万部を売り上げ5位を獲得。続いて、ねこまき『ねことじいちゃん』の最新5巻が、週間1.5万部を売り上げ、シリーズ初のTOP10入りとなる10位にランクインした。またジャンル別「コミックエッセイ」では1位、2位独占となった。

【表紙】10位にランクインした『ねことじいちゃん』

 『MOGUMOGU食べ歩きくま 1』は、ナガノ氏によるグルメコミックエッセイ。『週刊Dモーニング』(講談社)で連載中の作品で、LINEクリエイターズスタンプで人気のキャラクター「自分ツッコミくま」が、国内外さまざまな場所を旅して食べ歩いた美味しいものを、オールカラーで紹介している。

 『ねことじいちゃん』は、WEBサイト『コミックエッセイ劇場』で連載中の作品で、小さな島で一緒に暮らす猫のタマと大吉じいちゃんの日常を描いた人気コミックエッセイ第5弾。今月2月22日「猫の日」には、本作が原作の同名実写映画が公開。動物写真家の岩合光昭が初監督を務め、落語家・立川志の輔が映画初主演となった。

※「オリコン週間"本”ランキング」は、「2008年4/7付」よりスタート。
ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス