エンタメニュース

阪神・原口文仁、大腸がん手術終了を報告「順調に回復してます」 ファンからも安堵と激励の声

2019年01月31日 18時26分
 今月24日に大腸がんの診断を受けたと公表したプロ野球・阪神の原口文仁捕手(26)が1月31日に自身のツイッターを更新。「先日、無事に手術終えました。順調に回復してます」と報告した。

 原口選手は、昨年末に受けた人間ドックで判明。24日にツイッターで直筆のコメントを添え「病名を聞いた時は驚き、動揺した」などの思いをつづりながらも「今は、プロ野球選手という立場でこのような病気になったことを自分の使命だとも思える。同じがん患者の方々、またそのご家族の方々にとって少しでも夢や希望となれるよう精いっぱい、治療に励みたい」と記していた。

 手術終了の報告を受け、ファンからは「良かった!! 毎日毎日心配で…まずはホッとしました焦らず、一歩ずつ頑張って下さいね」「ほんまによかったです…ゆっくり治してくださいね」「よかった!応援してるぞー!!」「また甲子園でプレーするその日まで待ってます、焦らずゆっくり、万全の状態で帰ってこられることを願っています」などの安堵の声や激励のコメントが続々と届いている。
ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス