エンタメニュース

須田亜香里「誰かが辞めたらハッピーエンドでもない」暴行騒動へ心境を吐露

2019年01月13日 11時33分
SKE48須田亜香里 (C)ORICON NewS inc.
SKE48須田亜香里 (C)ORICON NewS inc.
 アイドルグループ・SKE48の須田亜香里(27)が、13日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』にVTR出演し、NGT48の山口真帆(23)が暴行被害を受けた件について、“アイドル”として思いを吐露。放送後にも自身のツイッターで心境をつづった。

【写真】暴行被害を受けながらステージで謝罪した山口真帆

 今回の事件では、NGT48運営が「メンバーの1名が、男から道で声を掛けられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」と説明していた。これについて須田は「メンバーがアイドルとしての品格をちゃんと保ってさえいれば、ファンの方との距離感で帰宅時間を教えることはあり得なかった」と、該当メンバーの行動に疑問を呈した。

 放送後、須田はツイッターで「加害者側に関わってしまったメンバーだとしても表立った謝罪や解雇は避けたほうがいいのではないか。というのが個人的な意見。大きな過ちでも一生表立って避難を受けるのは10.20代の女の子には酷だと思う」とVTRコメントについて補足。

 続けて「もちろん被害者側のメンバーは一生分の恐怖を背負ったと思う。でもそれについて本人以外の人がどれだけ親身になったつもりでも寄り添ってあげきれないことだから、それがまた悔しく申し訳ないです」と謝罪し、「どのメンバーも初めは平等に夢を持って目指したアイドルという場所が、一生分の傷を負って去る場所になってほしくないです」と“アイドル”について持論を述べた。

 アイドルが被害にあった今回の事件について「起きるはずのない事件だと思っているからこそ、この件についてはっきりと誰かを否定したりする判断は私には難しい。ごめんなさい」と重ねて謝罪し、「曖昧な運営側の言葉は多くの人を混乱させているのは事実。でも誰かが辞めたらそれでハッピーエンドって話でもないと思う」と胸の内を打ち明けた。
ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス