エンタメニュース

映画『アンパンマン』新作はやなせたかしさん“生誕100周年記念作品” 6・28公開

2019年01月11日 11時30分
映画『アンパンマン』最新作のロゴタイトル (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
映画『アンパンマン』最新作のロゴタイトル (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
 やなせたかしさん生誕100周年記念作品となる人気アニメ『アンパンマン』の映画シリーズ最新31作目のタイトルが『それいけ! アンパンマン きらめけ! アイスの国のバニラ姫』に決定し、6月28日より公開されることが11日に発表された。

【写真】木村佳乃の愛娘らが描いたアンパンマン

 『アンパンマン』は1988年10月からテレビアニメがスタート、翌年89年3月には劇場版が初公開され、30年以上の長い間、日本中に「愛と勇気」を届けてきた国民的ヒーロー。その生みの親・やなせたかしさんの生誕100周年にあたる今年に公開される本作は、「アイスの国」のお姫様“バニラ姫”とアンパンマンたちが「アイスの国」を救うために奮闘する物語。

 やなせたかしさんの生誕100周年記念作品となる本作のキーワードは『笑顔』。アンパンマン、バニラ姫、多くの仲間たちが日本中に“勇気”と“感動”、「とびっきりの笑顔」を届ける。

 映画の冒頭には、毎年子どもたちに大好評の、アンパンマンたちと一緒に歌って手拍子で楽しめるパートが今年も登場!31作目となる今年は、広大な海を舞台に“手のひらを太陽に”や、“ドレミファアンパンマン”で盛り上がる。

 また、昨年映画化30周年記念作品として公開された『それいけ! アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』は大ヒットを記録しており、27作目(2015年)から4年連続で5億円超を記録している。
ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス