トピックス

エコシネマ-映画にみる環境とエコ

Vol.6「ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜」

『ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』
発売日:発売中
発売元:東映ビデオ
価格:¥3,990 (税込)

「ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜」DVDジャケット

スタッフ&キャスト

監督:志水淳児
声の出演:田中真弓/中井和哉/岡村明美/山口勝平/平田広明/大谷育江/山口由里子/矢尾一樹/みのもんた 他

キャッチコピー

決して春の来ないその島に、奇跡が起こる…

イントロダクション

ワンピース劇場版、第9弾。「ワンピース」の原作の中で最も泣けると評される感動の名エピソード「冬島 ドラム王国編」を劇場映画化。本作は、“ルフィ海 賊団が春の来ない冬島で新たなる仲間・トナカイのチョッパーと出会う”という原作にオリジナル要素を加えた≪もうひとつのドラム王国編≫として誕生し、原 作者・尾田栄一郎が様々なアイディアを出すなど、作品の骨格づくりから初参加している。主題歌を担当するのは、DREAMS COME TRUE。監督は、『映画 ふたりはプリキュア Max Heart』などの志水淳児。

ストーリー

ウザンド・サニー号でグランドラインを突っ走るルフィ海賊団。そんな中、ナミが原因不明の高熱で倒れてしまう。船医のいないルフィ達が辿り着いたのは、医 療大国といわれる“ドラム王国”だった。決して春の来ない冬島と言われるドラム王国で、早速ルフィたちは医者を探すが、なぜか医療大国のはずのこの国に医 者がいない。雪に閉ざされた山頂の城に、“ドクターくれは”という医者がひとりだけいると聞いたルフィは、ナミを背負い、サンジとともに雪山の城へと向か う。その途中、ルフィ達は凶暴な巨大ウサギの襲撃や、雪崩をかいくぐって何とか山頂の城に着くが、そこで力尽きてしまう。そんな3人を、ドクターくれはか ら医術を学んだという青っ鼻のトナカイ“チョッパー”が助けてくれるのだった…。

エコシネマ コラム

クラブパナソニック エコ
映画『ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』

地球の環境を守るために、最近では自動車排気ガスのCO2削減が叫ばれております。ガソリン自動車が地球上に誕生して100年あまり。人間の移動手段として、なくてはならない存在になっている車を手放すのは、さすがに難しいですよね?

桜

もちろん車も日夜進化しており、最近ではエコカーなる電気自動車も誕生。都心では時々目にするようにもなってきました。買い換えてみたいものの、今の自動車にはたくさんの思い出と愛着があり、もう少し待ってみようかなという気分。でもCO2を少しでもいいから抑えたいという思いも心の底にはあったりします。かといって徒歩や自転車で通勤というのも体力的にちょっと辛い。そうこう言っている間にも地球環境は変化するばかり…。

映画『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』に登場するのは、万年雪に閉ざされた“ドラム王国”。春が訪れないからか、元国王のワポルはかなり荒んだ性格です。もし現実にCO2の増加で環境変化が巻き起こり、春が訪れない時代が来てしまったら? こういう嫌な奴も出てくるだろうなと不安にさせられます。

地球環境が異変をきたすのも嫌ですが、それが原因で性格がひん曲がった奴が現れるのも嫌!この際、自動車の事は一旦脇に置いておいて、ペットボトルのリサイクルでその分を返上しようかしら?もうスーパーやコンビニでは、レジ袋を絶対にもらわない生活にするとか?……確かにそれもエコ活動です。でも解決できないからといって、一度気付いたことを諦めてしまうようでは、息の長いエコ活動は期待できないかもしれません。

ここで諦めてはいけません。考え方を変えてみるとガソリン自動車だって、運転手の心がけ一つで地球に優しい走りを実現してくれるんです。しかも「無駄にアクセルを踏まない」「無駄にアイドリングしない」「無駄にスピードを出さない」と日々のドライブ中の無駄をなくすだけでOK。これらを意識した運転は燃費にも人にも地球にも優しく、海賊に転職するよりもかなり楽でしょう。電気自動車に憧れるのもいいけれど、ちょっとした意識で、ガソリン自動車もあなたのエコの相棒、略して“エコ棒”になるわけです。

▲ ページトップへ