• エクササイズ
  • カロリー
  • リラックス
  • ビューティー&キレイ
  • 診断チェック
  • ダイエットQ&A
経験者が教える! ダイエットの(マル秘)コツ
食事の満足感を得るコツ:かさを増やす、置き換える
Pick UP!
おかずの品数を増やして、見た目の満足感を得る。糸こんにゃくをみじん切りにしたものをお米に混ぜてかさを増やす。(30代/女性)
野菜スープに寒天(麺)を入れてボリュームアップした。(30代/男性)
キャベツをポン酢で食べておなかをふくらませる。消化が早いのですぐにお腹が空きますが、食事時にはこれ以上は食べられないという満足感が得られます。(40代/男性)

こんにゃくや海藻など満腹感の得られるものを摂取する。(40代/?)

こんにゃくなどのカロリーの低い食物をたくさん摂る。(50代/男性)

こんにゃくや豆腐類をたくさん食べる。(30代/女性)

カロリーの少ない海草の酢の物など多くした。(50代/男性)

カロリーが無くてお腹の満腹感が得られるところてんを食前に食べる。(50代/男性)

コンニャクを使ってお料理にボリュームを持たせる。(40代/女性)

カロリーが低い(又はない)コンニャク系食品を食前に食べて満腹感を早く得るようにする。 (50代/男性)

こんにゃくなど、カロリーの無いものを食べる。(40代/女性)

食事前に寒天を食べたり、水分を取って紛らわせた。(30代/男性)

ところてんや、こんにゃく、しらたきを沢山食べる。(60代以上/男性)

低カロリー食品を多く取る。こんにゃくやきのこ類。(50代/女性)

こんにゃくを食べる。(50代/女性)

食事の時にご飯を半分にして、ところてんやリンゴなどで満腹感を感じられるようにする。(30代/女性)

豆腐やこんにゃく、野菜をカラダにいいものだと思って食べる。(50代/男性)

きのこ、海草で満足感(50代/女性)

空腹を我慢するのはつらいので、ご飯を減らすぶん野菜をたくさん食べました。特定の野菜を食べ続けると飽きてしまうので、季節の野菜ををご飯の前にたっぷり食べるようにしました。また、できるだけ満腹感を得るようにもやしはよく食べました。あわせて自動車やバイクに頼るのはできるだけ控えて、多少時間はかかっても自転車に乗り、体を動かしました。(20代/女性)

晩酌はしたいので季節の野菜を生ではなく火を通して、たとえば「そら豆」「枝豆」「温野菜」「アスパラ」「焼きナス」「五目豆」「野菜の炊き合わせ」「味噌田楽」等々、種類多くいただきながらメインの献立を楽しむ。ご飯は軽く1膳、汁物をかならずつける。(30代 /女性)

野菜をとにかくたくさん!サラダよりもスープや煮物にしてたくさんの量を食べました!野菜ならそこまでカロリーは高くないのでたくさん食べても平気!(20代/女性)

野菜や果物で満腹にし、炭水化物や脂肪、たんぱく質をぎりぎりに減らしたらダイエットできた(若い20歳の頃ですが…)。(50代/女性)

大根サラダをたくさん食べる。(40代/男性)

野菜たっぷりの鍋料理。ボリュームのわりにカロリー控えめ。(20代/女性)

根菜をたべる。(50代/女性)

野菜でかさをまして満腹感を得る。(40代/女性)

とにかく野菜ばっかり食べて満腹にするとすぐ痩せられます。(50代/男性)

こんにゃく、きのこ類、もやしなど低カロリーのもの。特におなかでふくれるこんにゃくは、ご飯に混ぜるなどして、満腹感を満たした。(40代/男性)

野菜や煮物をたくさん食べる。(40代/男性)

ごはんを減らした分、サラダをたくさん食べる。(40代/女性)

生野菜とりんごなどを食べて満腹中枢を刺激する。(30代/男性)

生キャベツの千切りを山ほど食べる。(50代/女性)

低カロリーの食品(きのこ類など)を使い、量を減らさず満足感がある食事を作る。(40代/女性)

野菜料理重視する。(60代以上/男性)

野菜を大量に食べる。鍋など煮て小さくして沢山食べるようにする。(50代/男性)

野菜をいろんな料理方法で趣向をかえて。(30代/男性)

キャベツなどの野菜やこんにゃくを沢山食べる。(60代以上/女性)

野菜でおなかを膨らませる。(40代/女性)

野菜中心で、満腹感が得られるもの。(30代/女性)

夕食の時焼きキノコをお皿いっぱい食べる。(30代/女性)

野菜を多く摂る。鍋などにすると、多く摂れて、満腹感も得られる。(40代/女性)

野菜中心のおかずにしても油は普通に使いお肉も(ステーキや揚げ物でなければ)使いながら、空腹感の無いように食事をする。(40代/女性)

ノンカロリーの野菜を温野菜サラダにして、ノンオイルドレッシング等でたくさん食べる。(50代/男性)

カロリーが低くかさが高い野菜サラダ等を食前に食べる。(60代以上/女性)

胃袋を小さくする事です。空腹感を満たすために野菜、春雨等で胃袋を満たすより、時間をかけてでも胃を小さくする事に努力しました。(50代/男性)

全体的に野菜を多くして量を増やす。(40代/男性)

キャベツとトマトとキュウリを多く摂る。(50代/男性)

野菜やこんにゃく、豆腐などローカロリーのものでボリュームを出した食事にします。(40代 /女性)

具沢山のスープをよく食べた。(30代/男性)

小麦ふすまや酢大豆、こんにゃくや寒天などで食べられる量をふやすして(かさ増しして)空腹をみたす。(30代/女性)

おかゆ、おじやで量を増やして、満腹感を得る。(40代/男性)

見た目に量を多くして、錯覚?を起こさせる。(40代/男性)

低カロリーで皿数を増やしていろいろなモノを食べた感を出す。目で満腹感を得る。(30代/ 女性)

お米をお粥にして少量で満足感を得るようにした。(30代/男性)

量を食べる。調理の仕方で豆腐ではない擬似的なもので食べているような気になれる料理をする。(40代/男性)

お米を食べない代わりにおかずをたくさん食べるから、満足感は程ほどにある。(20代/女性)

朝ごはんに小さなロールパン1個をやめて、お餅2個にしたらやせた。満足感があって、消化に良いみたいです。(40代/女性)

具沢山のスープ系にして、スープでおなかをいっぱいにする。(50代/女性)

お米やパンなどの炭水化物を取らない代わりに、カロリーの低い野菜やこんにゃく、白滝などでおなかをいっぱいにする。プロセスチーズや肉、魚は油の少ないところを普通に食べる。(40代/女性)

リンゴを食べる。(40代/男性)

海草、豆腐、納豆、野菜などを中心に魚、肉も少量とるようにし、大好きなパンはやめて、ご飯は五穀米にして一日一回までとする。これで絶対痩せられる!と思ったのですが、甘いものを我慢できずに太ってしまいました。(50代/女性)

大豆系の食品と、野菜と、魚、中心の食事をする。昭和の食生活は体によいと思います。(30代/女性)

セロトニンというホルモンが少なくなるとストレスが溜まりやすくなると聞いたので、ヤケ食い防止のために、このホルモンの原料である肉、乳製品、赤身の魚などは少量でも必ず食べるようにした。ホントにヤケ食い防止になったかはわからないけれど。(40代/女性)

お肉などはゆでて食べるなど、調理法に工夫する。野菜を多く摂って満足感を得る。こんにゃくやきのこなどカロリーの低い物で量を増やす。(30代/女性)

三度の食事のカロリーを抑え、できるだけ満腹感を感じられるメニュー(たとえば、こんにゃく、野菜、海藻類)とか、お腹が空くとノンカロリーの飲料(たとえばコーヒーをブラックで、お茶系の飲料等)を摂る。(40代/男性)

ローカロリーの食品をうまく取り入れて満腹感を得る。(50代/男性)

カロリーの少なそうな食品を、通常の食事量と同じくらいに食べ、空腹を感じないようにします。(50代/男性)

豆腐を必ず冷奴などカロリーの低い食べ方で食べたり、納豆を食べて満腹感を得る。(40代 /女性)
特集TOP ページTOP
ダイエットナビのコンテンツは記事作成当時の情報を元に作成しておりますが、最新の情報と異なる場合がございます。
Panasonicからのお知らせ
アプリのご紹介 Androidアプリをダウンロードして、様々なスマートサービスを利用しよう!
ダイエットメモ 説明を見る血圧メモ 説明を見る
ダイエットメモ PC版を使う血圧メモ PC版を使う
ダイエットナビ コンテンツ メニュー
 

CLUB Panasonic コインモール

ネットショッピングや、無料のカード発行・旅行予約でも「クラブPコイン」が貯まります。

クラブPコインは1コイン=1円。キャンペーンや商品購入などでも貯まるお得なポイントサービスです。はじめての方は「CLUB Panasonicコインご利用ガイド」をご覧ください。

コインモールのご利用は会員登録とコインご利用手続きが必要です。

ここからのコインご利用手続き登録(無料)で200円分コインプレゼント
ダイエットのヒトコト
更新ボタンでコンテンツが入れ替わるよ。1回だけ押して占い風に楽しむも好し、お気に入りが出るまで探すも好し。コンテンツが決まったらツイートもできます。
  • ヒトコトを更新する
  • ツイートする