• エクササイズ
  • カロリー
  • リラックス
  • ビューティー&キレイ
  • 診断チェック
  • ダイエットQ&A
美肌とスリムを同時に手に入れる!~ビタミンとカロリーの関係~

日焼け
日焼けは、紫外線を浴びることで肌が「火傷」状態になった細胞を守るために起こる、肌の自衛作用です。表皮が紫外線を感じると、「メラノサイト」という細胞が「メラニン」を作ります。メラニンが細胞の核を保護し、紫外線をそれ以上吸収しないよう、肌を黒くして守ってくれるのです。メラニンによって黒くなった皮膚は、新陳代謝により約28日周期で新しい肌に生まれ変わります。しかし、その新陳代謝がうまく行われないと色素が沈着し、シミやシワの原因ともなります。
日焼けが気になる方は、とにかく紫外線をブロックすることが大切!しかし、すでに日焼けをしてしまった場合は、肌の新陳代謝を促進させるようにしましょう。
そのためには、新陳代謝を助け、また肌のハリを作ってくれるこちらのビタミンがオススメ!
日焼けに効果のあるビタミン
ビタミンC 肌の老化を防ぐ「抗酸化作用」があります。また、肌のハリの元となる、コラーゲンの生成を助ける、メラニンの生成を抑制するなどの作用もあります。
ビタミンE 新陳代謝を助ける働きがあります。また、血行をよくする作用もあります。

ダイエットナビクイズ!知っていますか?ビタミンとカロリーの関係
VI値が最も低い食品はどれ?
VI値とは、ビタミン1グラムをとるために摂取するカロリーの値を総称したもので、各ビタミンによって値と表記がことなります。(例:ビタミンAのVI値=VAI値、ビタミンB6のVI値=VB6I値)
VI値が低いほど、低カロリーで同量のビタミンを摂取できます。
ビタミンC:(葉)ブロッコリー・(果)レモン・(根)にんじん ビタミンE:(魚)さば・(種)かぼちゃ・(根)たまねぎ  
アイコンについて
穀物 果物 根菜 葉もの野菜 種実野菜
貝類 海草類 肉類 魚類 豆類
答えはこちら! 答えはこちら! 答えはこちら! 答えはこちら! 答えはこちら! 答えはこちら! 答えはこちら!
各ビタミンのVI値一覧を見てみよう!
ビタミン名をクリックすると各ビタミンのVI値一覧ページへジャンプします。

ビタミンAビタミンCビタミンEビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12

※VI値とは、ビタミン1グラムをとるために摂取するカロリーの値を総称したもので、各ビタミンによって値と表記がことなります。(例:ビタミンAのVI値=VAI値、ビタミンB6のVI値=VB6I値)
TOPページへ
ダイエットナビのコンテンツは記事作成当時の情報を元に作成しておりますが、最新の情報と異なる場合がございます。
Panasonicからのお知らせ
アプリのご紹介 Androidアプリをダウンロードして、様々なスマートサービスを利用しよう!
ダイエットメモ 説明を見る血圧メモ 説明を見る
ダイエットメモ PC版を使う血圧メモ PC版を使う
ダイエットナビ コンテンツ メニュー
 

CLUB Panasonic コインモール

ネットショッピングや、無料のカード発行・旅行予約でも「クラブPコイン」が貯まります。

クラブPコインは1コイン=1円。キャンペーンや商品購入などでも貯まるお得なポイントサービスです。はじめての方は「CLUB Panasonicコインご利用ガイド」をご覧ください。

コインモールのご利用は会員登録とコインご利用手続きが必要です。

ここからのコインご利用手続き登録(無料)で200円分コインプレゼント
ダイエットのヒトコト
更新ボタンでコンテンツが入れ替わるよ。1回だけ押して占い風に楽しむも好し、お気に入りが出るまで探すも好し。コンテンツが決まったらツイートもできます。
  • ヒトコトを更新する
  • ツイートする