Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

ベーカリー倶楽部

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記

お菓子研究家・飯田順子さんの、パナソニックのホームベーカリーで作るパンのレシピや情報が満載のブログです。

ベーカリー倶楽部トップへ フェーヴのパン日記 トップへ
 

春キャベツとベーコンのパン

こんにちは!
いよいよ3月になり、少しずつ桜のつぼみも大きくなり、春めいてまいりました!

スーパーに行くと、新タケノコや空豆、
菜の花など春野菜が多く目につくようになりました。
春は芽吹きの季節で、どれもやわらかくて
甘味やほろ苦さなどがあり、おいしいですよね。

お野菜が苦手な方でも、春にんじん、春キャベツ
などはくせがなく食べやすいと思います。

今日はそんな春野菜の代表格、春キャベツと
ベーコンを使った食事パンを作りました。

たっぷりと刻みキャベツが入って、焼きこむと
柔らかくなり、甘いキャベツの香りが口いっぱいに広がります。

ベーコンの塩気とチーズがアクセントになり、
おいしい食事パンに仕上がりました!

以前嬬恋村に行ったときに食べた、高原キャベツの
パウンドケーキがヒントになって考えました。
お野菜が苦手なお子さんにもお勧めです。


「春キャベツとベーコンのパン」作り方(100g×6個分)

(材料)
強力粉 250g
砂糖 20g
塩 4g
無塩バター 20g
水 170g
ドライイースト 3g

キャベツ(刻む)100g
ベーコン(細切り)4枚

トッピング用チーズ 適宜


(作り方)
1:パンケースに上記材料の強力粉~水までを入れ、本体にセットする。
2:イースト容器にイーストを入れ「生地コース15」、
  「レーズン・ナッツあり」を選択し、スタートする。
3:ブザーが鳴ったらキャベツ、ベーコンを加える。
4:ピッピッとなったらスィッチを切り、生地を取り出し6個に分割する。
  (ここまでで一次発酵終了。一つ約100gになる。)
5:丸めてベンチタイムを10分とる。
6:再び丸めなおし、型に入れ、天板にのせる。
  (型がない場合はそのまま、丸めたままでOK。)

P3054064.jpg


7:35℃で二次発酵を30分とる。

P3054067.jpg

8:生地が型の高さくらいまで膨らんだら、上面にチーズをトッピングし、
  180℃に予熱したオーブンで約20分焼く。

 (使用した型の大きさは直径10cmです。)

P3054070.jpg

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

飯田 順子
お菓子研究家。
結婚後、かねてから大好きだったお菓子の研究をスタート。専門書をたよりにお菓子を作り続ける一方で、パティシエによる講習会にも参加し、独自のレシピを開発。
1998年より料理教室を始める。丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評で、生徒数は350人にも及ぶ。スイーツファンを集めて、都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスウィーツ・ツアーを定期的に実現する一方で、自らもフランスのエコール・リッツ・エスコフィエやルノートル パリ校でフランス菓子について本格的に学ぶ。
2008年KARACUのディレクトゥールに就任し、商品開発を手掛ける。ケーキやパンなどに関する著書多数。2011年4月より自宅にてパン・お菓子教室「アトリエフェーヴ」を主宰。

 
 
 
 

RSS 2.0RSSで購読する

RSSリーダーに登録しておくことで、特派員レポートの更新内容をいち早く知ることができます。

※別途RSSリーダーが必要です。
※RSSやRSSリーダーについてのお問い合わせにはおこたえすることができませんのでご了承ください。

 

メインコンテンツはここで終わりです。

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記