Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

ベーカリー倶楽部

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記

お菓子研究家・飯田順子さんの、パナソニックのホームベーカリーで作るパンのレシピや情報が満載のブログです。

ベーカリー倶楽部トップへ フェーヴのパン日記 トップへ
 

パンのリース

みなさんこんにちは。

今日はクリスマスが近いのでパンのリースを作りました。
生地コースでこねてしまえば、このリースはとっても簡単に作れます。
これからのシーズン、玄関ドアやキッチンの壁などに飾ってみてはいかがですか?
もちろんプレゼントにしても喜ばれます!!

しっかり乾燥させて焼けば長く持ちますし、
残ったパン生地などで作ってもいいんです。
もちろん普通に焼いた後は食べられますよ!

ポイントは生地をのばす時は休ませながら、乾燥してしわが寄らないようぬれぶきんで覆いながら作業することです。
生地を伸ばす大きさにより、リースの大きさやボリュームが変わってきます。
ハート型にしてもかわいいと思います。
思い思いのリボンで飾ってみてくださいね!

DSC_0116.JPG

パンのリース

材料(18㎝1個分)
強力粉      160g
薄力粉       40g
砂糖       10g
塩         3g 
ショートニング  15g
(またはバター)
水        110g
ドライイースト  3g

1:ドライイースト以外をパンケースに入れセットする。
  イーストはイースト容器に入れ、生地コースをスタート。
2:スイッチが鳴ったら生地を取り出し、3等分して丸め、15分ベンチタイムを取る。

DSC_0106.JPG

3:生地を60センチの長さにひも状にのばす。
  ぬれぶきんをかぶせ、交互に休ませながらのばしていく。

DSC_0107.JPG

4:生地を縦に3つ並べ、三つ編みに編んでいく。

DSC_0109.JPG

5:端を少し切り落として、その生地で帯を作り、くるりと巻いて留める。

DSC_0110.JPG

6:仕上げ発酵はなし。全体に薄く塗り卵をして180℃のオーブンで25分焼く。
  そのままオーブンの中で冷めるまで一晩置いておく。
 (これにより中まで乾燥します)
7:仕上げにリボンなどを巻き、飾り付ける。

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

飯田 順子
お菓子研究家。
結婚後、かねてから大好きだったお菓子の研究をスタート。専門書をたよりにお菓子を作り続ける一方で、パティシエによる講習会にも参加し、独自のレシピを開発。
1998年より料理教室を始める。丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評で、生徒数は350人にも及ぶ。スイーツファンを集めて、都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスウィーツ・ツアーを定期的に実現する一方で、自らもフランスのエコール・リッツ・エスコフィエやルノートル パリ校でフランス菓子について本格的に学ぶ。
2008年KARACUのディレクトゥールに就任し、商品開発を手掛ける。ケーキやパンなどに関する著書多数。2011年4月より自宅にてパン・お菓子教室「アトリエフェーヴ」を主宰。

 
 
 
 

RSS 2.0RSSで購読する

RSSリーダーに登録しておくことで、特派員レポートの更新内容をいち早く知ることができます。

※別途RSSリーダーが必要です。
※RSSやRSSリーダーについてのお問い合わせにはおこたえすることができませんのでご了承ください。

 

メインコンテンツはここで終わりです。

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記