Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

ベーカリー倶楽部

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記

お菓子研究家・飯田順子さんの、パナソニックのホームベーカリーで作るパンのレシピや情報が満載のブログです。

ベーカリー倶楽部トップへ フェーヴのパン日記 トップへ
 

秋の味覚さつまいものパンを焼きました

みなさんこんにちは!
少しずつ朝晩の風が秋らしくなってきましたね。

パンやお菓子はこれからが本番です!食欲の秋はさつまいも、栗、カボチャなどいろいろな食材がおいしくなってくる季節です。涼しくなると手作りする気も沸いてくるというもの。ちょうどそんなタイミングの9月10日に新しいホームベーカリーが発売になりました!今度の機種はクイックブレッドが焼けたり、ジャムやコンポートができる機能がついてさらにグレードアップしましたよ~。もちろん人気のパンドミ、デニッシュ食パンやごはんパンも焼けます。詳しい機能はお料理スタジオを見てくださいね。

今日はおやつにさつまいもを使ったパンを作りました。さつまいもは栄養価も高く、子供も大好きな食材です。さつまいもは皮ごとよく洗い、サイコロ状に切ってレンジで加熱しておきます。ごま入りのパン生地を生地コースで作って、棒状に伸ばしくるくると巻いてみたら、見た目もかわいく仕上がりました!焼き上がりにはちみつを回しかけると甘い大学いものような味わいになります。(はちみつは焦げるのであとからまわしかけます。)とっても簡単で、おやつや朝食にもぴったりです!

DSC_0252.JPG

さつまいもパン
(6個分)
強力粉     250g
砂糖      30g
塩       3g
バター(無塩) 30g
牛乳(室温)  170g
黒ごま     大さじ1
ドライイースト 3g

さつまいも   中1本
スライスアーモンド、はちみつ 適量
溶き卵 少々


1:パンケースに強力粉~黒ごまを入れホームベーカリーにセットする。
  ドライイーストをイースト容器に入れ、生地コースをスタートする。
2:さつまいもはよく洗い、サイコロ状にカットし、耐熱容器に入れラップをし
  電子レンジで3分加熱する。(500W)
3:スライスアーモンドは180℃のオーブンで5分ほど焼き、冷ましておく。
4:ブザーが鳴ったらスィッチを切り、生地を取り出し6等分に分割する。
5:丸めてベンチタイムを10分とる。
6:40センチの棒状に伸ばし、くるくると巻き、上にさつまいもをのせ、
  二次発酵を25~30分とる。

DSC_0248.JPG

7:溶き卵を生地の表面に塗り、180℃のオーブンで20分焼く。
  焼けたら熱いうちにはちみつを回しかけ、スライスアーモンドを散らす。


溶き卵は焼き色を付けたいときに使用します。
なければぬらなくてもOkです。

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

飯田 順子
お菓子研究家。
結婚後、かねてから大好きだったお菓子の研究をスタート。専門書をたよりにお菓子を作り続ける一方で、パティシエによる講習会にも参加し、独自のレシピを開発。
1998年より料理教室を始める。丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評で、生徒数は350人にも及ぶ。スイーツファンを集めて、都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスウィーツ・ツアーを定期的に実現する一方で、自らもフランスのエコール・リッツ・エスコフィエやルノートル パリ校でフランス菓子について本格的に学ぶ。
2008年KARACUのディレクトゥールに就任し、商品開発を手掛ける。ケーキやパンなどに関する著書多数。2011年4月より自宅にてパン・お菓子教室「アトリエフェーヴ」を主宰。

 
 
 
 

RSS 2.0RSSで購読する

RSSリーダーに登録しておくことで、特派員レポートの更新内容をいち早く知ることができます。

※別途RSSリーダーが必要です。
※RSSやRSSリーダーについてのお問い合わせにはおこたえすることができませんのでご了承ください。

 

メインコンテンツはここで終わりです。

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記