Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

ベーカリー倶楽部

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記

お菓子研究家・飯田順子さんの、パナソニックのホームベーカリーで作るパンのレシピや情報が満載のブログです。

ベーカリー倶楽部トップへ フェーヴのパン日記 トップへ
 

新刊本&豆パン作りました

みなさんこんにちは。

私事ですが、6月25日に角川マガジンズより「はじめてのホームベーカリー」という本が出ました!これは初心者向きではありますが、テーマはおうちでつくるパン屋さんの人気パンということで、パン作りをすでにされている人でも十分に楽しんでいただけるような81レシピを掲載しました。どれもこれもお家でホームベーカリーで簡単に作れるのにおしゃれでおいしいレシピばかりを選りすぐりました。

P7020139.JPG

本当に手作りは格別で、焼き立てはどのパン屋さんよりもおいしいといっても過言ではありません(笑)!
書店で見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね。

この本は材料や包材を販売する通販サイトcottaさんとの企画です。Cottaさんのサイトでは、かわいい型やすぐにパンが焼けるような材料セットも販売していますのでよかったら見てください。

www.cotta.jp

もちろん撮影の際に使用した機種は、パナソニックのSD-BMS104ですべて作りました。ぜひ見事な出来栄えを見ていただきたいです!

さて、今月はその104のお気に入りの「粗混ぜ機能」を使ってまめぱんをつくりました。粗混ぜをつかうと柔らかいお豆でも崩れにくく形が残りやすいんですよ。このパンはやわらかく焼きたかったので米粉を加えてみました。ちょっと甘くておやつにピッタリ。冷茶にもよくあいます。

DSC_0237.jpg

まめぱん(8個分)

強力粉      200g
米粉       50g
スキムミルク   大さじ1
ドライイースト  6g
砂糖       30g
塩        3g
バター(無塩)  20g

水        17cc

好みの豆(花豆、黒豆、うぐいす豆など何でも)50g

仕上げ用上新粉 適宜

P7020140.JPG

1:パンケースにイースト以外の材料を入れる。
  イーストはイースト容器にセットし、豆は自動投入容器にセットする。

2:自動投入あり、粗混ぜを選択し、生地コースをスタートする。

3:1次発酵終了したらスィッチを切り、生地を取り出す。

4:8個に分割し丸めて15分ベンチタイム。

5:再び丸めなおし、軽く手で押して平たい形にする。

6:天板に並べオーブンの発酵機能35℃で40分2次発酵する。

7:170℃で15分焼成する。

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

飯田 順子
お菓子研究家。
結婚後、かねてから大好きだったお菓子の研究をスタート。専門書をたよりにお菓子を作り続ける一方で、パティシエによる講習会にも参加し、独自のレシピを開発。
1998年より料理教室を始める。丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評で、生徒数は350人にも及ぶ。スイーツファンを集めて、都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスウィーツ・ツアーを定期的に実現する一方で、自らもフランスのエコール・リッツ・エスコフィエやルノートル パリ校でフランス菓子について本格的に学ぶ。
2008年KARACUのディレクトゥールに就任し、商品開発を手掛ける。ケーキやパンなどに関する著書多数。2011年4月より自宅にてパン・お菓子教室「アトリエフェーヴ」を主宰。

 
 
 
 

RSS 2.0RSSで購読する

RSSリーダーに登録しておくことで、特派員レポートの更新内容をいち早く知ることができます。

※別途RSSリーダーが必要です。
※RSSやRSSリーダーについてのお問い合わせにはおこたえすることができませんのでご了承ください。

 

メインコンテンツはここで終わりです。

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記