Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

ベーカリー倶楽部

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記

お菓子研究家・飯田順子さんの、パナソニックのホームベーカリーで作るパンのレシピや情報が満載のブログです。

ベーカリー倶楽部トップへ フェーヴのパン日記 トップへ
 

新しいSD-BMS104を使って作りました!

みなさんこんにちは。
先月の25日、日本テレビの「ヒルナンデス」という番組で、ホームベーカリーの徹底比較をやりました。私はうちのスタッフと共に局へ行きまして、すべての機種で試し焼きをしました。1日がかりでパンを焼き、すらりと並べて大きさや焼き加減などを調べました。番組ではホームベーカリーの機能をご紹介した後、実際に新機種SD-BM104でごはんパンとベーコンパンの作り方をタレントのいとうあさこさんにレクチャーして、作って試食してもらいました。

たくさん試食しているにもかかわらず、一番美味しかったのが「ごはんパン」だそうです! ダントツでもちもちしてしっとりした風味が美味しいとおっしゃっていました。ベーコンも新機能の粗混ぜにより、形が崩れやすい具材も優しく混ぜこむことによりきれいに残るようになりました。私はこの機能が一番うれしいです。家庭で作る時は好きな具材をおもいっきりいれたいですからね!

20111104-1.jpg



早速、家でレーズンパンを焼きました。レーズンやクルミなどは、最大で100gまで入れられるよう、自動投入容器がとても大きくなっています。そして最初に選択するところで、「具材あり♪」を選び、「粗混ぜ」を選びます。すると自動で投入して、ゆっくりソフトに混ぜてくれるので、ご覧のようにレーズンがまんべんなく残ってきれいに入っています。

20111104-2.jpg



たっぷりのレーズンで家族にも朝食に大好評でした。これからもいろいろな具材で試してみます!

■たっぷりレーズンパン

20111104-3.jpg

●材料(1斤分)

強力粉     250g
砂糖      20g
塩       3g
牛乳      70ml
水       100ml
バター(無塩)  20g
ドライイースト 3g

レーズン    100g(ぬるま湯でもどす)

●作り方
1:レーズンはぬるま湯につけて戻し、水けをふいておく。パンケースに強力粉からバターまでの材料を入れる。ドライイーストはイースト容器に入れ、レーズンは自動投入容器に入れる。
2:「食パンコース」を選択し、「自動投入あり♪」、「粗混ぜ」を選んでスイッチを押す。
3:焼きあがったらパンケースから取り出す。

t-pana

2011年11月19日 (土)


私もつい先日、念願かなってホームベーカリーBMS104を購入しました!
さっそくノーマルな食パンとレーズンパンは作りましたが、ご飯パンをぜひとも作ってみたいと思っています♪

                        コメント数(1) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

飯田 順子
お菓子研究家。
結婚後、かねてから大好きだったお菓子の研究をスタート。専門書をたよりにお菓子を作り続ける一方で、パティシエによる講習会にも参加し、独自のレシピを開発。
1998年より料理教室を始める。丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評で、生徒数は350人にも及ぶ。スイーツファンを集めて、都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスウィーツ・ツアーを定期的に実現する一方で、自らもフランスのエコール・リッツ・エスコフィエやルノートル パリ校でフランス菓子について本格的に学ぶ。
2008年KARACUのディレクトゥールに就任し、商品開発を手掛ける。ケーキやパンなどに関する著書多数。2011年4月より自宅にてパン・お菓子教室「アトリエフェーヴ」を主宰。

 
 
 
 

RSS 2.0RSSで購読する

RSSリーダーに登録しておくことで、特派員レポートの更新内容をいち早く知ることができます。

※別途RSSリーダーが必要です。
※RSSやRSSリーダーについてのお問い合わせにはおこたえすることができませんのでご了承ください。

 

メインコンテンツはここで終わりです。

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記