Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

ベーカリー倶楽部

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記

お菓子研究家・飯田順子さんの、パナソニックのホームベーカリーで作るパンのレシピや情報が満載のブログです。

ベーカリー倶楽部トップへ フェーヴのパン日記 トップへ
 

フランスのバターのお話

みなさんこんにちは。
8月の終わりに、フランスへ行ってきました。

フランスは本当にどこで食べてもパンとバターがおいしい!!
バターがおいしいから、それで作るクロワッサンやブリオッシュなどのパンがまたおいしい!

でもそれには、ちゃんと理由があるのです。。。。
みなさんはフランスのバターと日本のバターの違いをご存知ですか?

日本で通常売られているバターは、
クリームから取り出した乳脂肪を練り上げて作られます。
(ちなみにバター1キロを作るのに必要なクリームは24キロ!)

ヨーロッパのバターは「発酵バター」と呼ばれ、
クリームを乳酸発酵させてから作るので、ヨーグルトのようなかすかな酸味と芳醇な香りが特徴です。
それは焼いた後でも残るので、焼き菓子に使うと香りが良いです。
発酵させることにより香り成分が5~10倍増すといわれていますので、おいしさは格別です。


むかし遠心分離機がなかった時代は、
人が手で練圧して作っていたので、バター作りは大変な重労働でした。

手作りだとクリームが分離するまで2~3日かかったので、
この間に自然に乳酸発酵してできましたが、現在では人為的に乳酸菌を加えて作っています。

写真はフランスのバターで、
奥はシャラント地方と呼ばれるバターの名産地の、
クリームチーズのような濃厚な味わいのバターです。

向かって左がブルターニュ地方の手作りバター職人、
ボルティエ氏が作る絶品バター。
右が海のミネラルいっぱいの粗塩が入った海塩バターです。

ボルティエ氏のバター以外は、大手スーパーやデパートで購入できます。


手作りの焼きたてパンとおいしいバターがあれば至福の幸せ!
自分へのご褒美でおいしいバターの食べ比べはいかがでしょうか?

grape*jam

2009年10月14日 (水)


スキーをしにスイスに行った友達が帰りに立ち寄ったらしくて、この前お土産を貰いました♪スイーツはパッケージも可愛いですよね♪

凛悠

2009年10月07日 (水)


一番下の写真は、何パンでしょうか?ベーコン?気になります~

coccoc

2009年09月30日 (水)


フランス、行ったのは10年前で懐かしいです。もういちど行きたいです。

プリン星人

2009年09月25日 (金)


日本とは町の風景が違いますね!家族で行くにはヨーロッパは高いけれど、子供にも見せたい街です。

erika_mini

2009年09月18日 (金)


真ん中の写真のお菓子がとっても美味しそうで、どんな味か食べてみたいです(*^_^*)

たきよー

2009年09月16日 (水)


日本のバターが外国のバターと違うとは知りませんでした。ちょっとびっくり。。。
今度外国のバターを食べてみます。

RK@海風

2009年09月14日 (月)


フランス、羨ましいです。でも情報収集がてらでは、気が休まらないですね。。
写真のパンは本当においしそう♪行ったことないので行ってみたいです!!!

                        コメント数(7) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

チーズを使わないピザ

こんにちは!

今日はブランチに、海の幸たっぷりのチーズを使わないピザを作りました。
これは「マリナーラ」というイタリアのピザで、「漁師のピザ」という意味です。

トマトソースを塗り、具材を散らして焼くだけのシンプルなピザで、
あっさり食べられるので、夏の暑い日にはピッタリです。


ピザは比較的初心者でも作りやすく、失敗が少ないパン生地です。
少ないイーストでゆっくり発酵させるのがポイントです。
冷凍保存もできますので、おもてなしにも使えますし、夏休みのお昼にも便利です。

レシピは2枚分作れるので、1枚は焼いて、もう一枚は冷凍しておくといいですよ。
(解凍してからのばすのがお勧めです)


ちなみに我が家は1枚は大人向け、
もう1枚はソーセージやコーンをのせて子供向けに作っています。

■チーズを使わないピザ・マリナーラ
(2枚分)

強力粉    160g
薄力粉    70g
ドライイースト   1g
塩      7g
水      130cc

トッピング
 トマトソース  
 ゆでえび
 いか
 ブラックオリーブ
 トマト
 アンチョビ など好みで

【1】ドライイーストはイースト容器に入れ、それ以外をパンケースに入れ、
パン生地コースをスタートする。
  
【2】1次発酵終了後に生地を取り出し2つに分割し、ベンチタイムを20分とる。
 *ここで冷蔵庫で2日寝かせることもできる。冷凍もここで行う。

【3】ふちを残し丸く伸ばしてトマトソースを塗り、具材を
  散らす。
【4】230℃に熱したオーブンに入れ4~5分焼く。

まこっちやん

2010年01月15日 (金)


ピサが大好物なのでよく市販のものをスーパーか専門店で買つて食します、一度自分でも作つてみたいとレシピーを見て思いました。

ゆんたくみ

2009年09月08日 (火)


自宅でピザが作れたら、パーティとかでも自慢できそうですね(^^☆)
生地も手づくりだったらさらに自慢できそう(。^<^)。
でもパンっぽい生地だけでクリスピーなやつは焼けないでしょうか?

かんきち

2009年09月02日 (水)


ピザイコールチーズという位チーズが好きで、チーズだけ何種類ものせて焼く事もあります。でも、この様なチーズなしのピザはどんな感じか食べてみたいですね。とても興味を持ちました。

マキエ母ちゃん

2009年09月02日 (水)


いつも冷凍のピザを買いますが、添加物と値段が気になります。
子供が好きなので、よく買って消費するので。。。

シンプルだけどおうちで食べるならこういうものもいいですね。

                        コメント数(4) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

飯田 順子
お菓子研究家。
結婚後、かねてから大好きだったお菓子の研究をスタート。専門書をたよりにお菓子を作り続ける一方で、パティシエによる講習会にも参加し、独自のレシピを開発。
1998年より料理教室を始める。丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評で、生徒数は350人にも及ぶ。スイーツファンを集めて、都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスウィーツ・ツアーを定期的に実現する一方で、自らもフランスのエコール・リッツ・エスコフィエやルノートル パリ校でフランス菓子について本格的に学ぶ。
2008年KARACUのディレクトゥールに就任し、商品開発を手掛ける。ケーキやパンなどに関する著書多数。2011年4月より自宅にてパン・お菓子教室「アトリエフェーヴ」を主宰。

 
 
 
 

RSS 2.0RSSで購読する

RSSリーダーに登録しておくことで、特派員レポートの更新内容をいち早く知ることができます。

※別途RSSリーダーが必要です。
※RSSやRSSリーダーについてのお問い合わせにはおこたえすることができませんのでご了承ください。

 

メインコンテンツはここで終わりです。

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記