Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

ベーカリー倶楽部

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記

お菓子研究家・飯田順子さんの、パナソニックのホームベーカリーで作るパンのレシピや情報が満載のブログです。

ベーカリー倶楽部トップへ フェーヴのパン日記 トップへ
 

我が家で人気のトーストレシピ その1

こんにちは。
桜の開花宣言も過ぎて、すっかり春めいてきましたね!
私としては、暖かくなって朝起きるのがスムーズになり、
うれしいこの頃です。

我が家ではよく朝食にシンプルなバタートーストやジャムトーストを
いただくのですが、
そんなときパンを焼くのに役立つのが、
オーブントースター NB-G120です。
なんといってもオーブントースターなのに260℃の高温まで焼けるから、
ケーキやプチフランスパン、ピザなども焼ける優れものです。

また、オーブンよりも立ち上がりの火力が強くスピーディに調理できるので、
特にグラタンやトーストなど、おいしそうな焦げ目をつけるのに威力を発揮します。
中でもシンプルなトーストは遠赤外線と近赤外線で焼くので、
表面はさくさくに、中はふっくらと焼き上げてくれて、本当においしいです。

今日は忙しい朝にも簡単に作れる、
我が家で人気のトーストレシピをご紹介します。


■マヨエッグトースト

食パン    1枚
マヨネーズ  適宜
卵       1個
塩、こしょう
パセリ

【1】食パンのまわりにそってマヨネーズを絞る。

【2】その中に、解きほぐして塩こしょうした卵を入れる。(あふれないように注意)

【3】トーストの自動メニューで焼く。

【4】仕上げにパセリをふって出来上がり。


香ばしいマヨネーズと卵の組みあわせ、
これは子供にも人気のメニューです。
材料もお手軽なのでお勧めです。

1点注意として、
こぼれやすいので、焼くときは受け皿を使用してくださいね。


まだ我が家の人気トーストメニューは2つあります。
それはまた次回お伝えしますね。
お楽しみに!

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

野菜の絞りかすで「野菜まん」

今日は、
ジューサーミキサー MJ-M30で野菜ジュースを作った後の絞りかすで、
「野菜まん」を作ってみました!

野菜の繊維の量は「普通」と「こい」と調整できるので、
お好みのジュースを作った後に残った、絞りかすを利用します。

野菜まんの生地に野菜の絞りかすを少々加え、
残りはフィリングのほうに加えました。

季節により違いますが、
おいしく作れ、栄養満点のカラフルな野菜まんにするなら、
にんじんやほうれん草、小松菜などがおすすめです。

生地は少々かためなので、
ホームベーカリー SD-BT153の生地コースにお任せして作りました。


■野菜まん(8個分)

(生地)
強力粉           40g
薄力粉           160g
ベーキングパウダー   小さじ1
ドライイースト       4g
砂糖            10g
塩             小さじ1/2
ショートニング      10g
水             90cc
野菜の絞りかす     大さじ2


(フィリング)
豚ひき肉         100g
しいたけ         2枚
たけのこ         50g
白菜           1枚
長ネギ          1/2本
しょうが         少々
野菜の絞りかす    50g

醤油大さじ1、酒大さじ1、塩、こしょう、
砂糖小さじ1、サラダ油大さじ1

分量外のごま油 少々

【1】フィリングの材料を細かく切り、フライパンにごま油を熱し、材料をいためる。
   調味料を加え水分が飛んだら火を止め、冷ましておく。
  (ひき肉は半量いためて残りは冷ましてから生のまま加えると、ぱらぱらしない。)

【2】ホームベーカリーのパンケースにイースト以外の材料を入れ、
   次にイーストを投入口に入れ、生地コースをスタートする。

【3】一次発酵がいらないので、コネあがったらすぐ生地を取り出し、8等分する。
  丸めてベンチタイム20分とる。

【4】10cmの丸型に伸ばしてフィリングを包み閉じる。

【5】乾燥しないように濡れ布巾をかぶせ、仕上げ発酵を30分取る。

【6】蒸気の上がった蒸し器で13~15分蒸す。

絞りかすは、その他、ご飯に炊き込んだり、スープにしたり、コロッケに加えたりと
無駄なくいろいろ活用できますよ!

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

ヘルシージュースで「春色にんじんオレンジパン」!

こんにちは。

前回の、
手軽にできる「フレッシュ&ヘルシージュース」!でお話ししたとおり、
今回はこの絞りかすを使ってできる、
「春色にんじんオレンジパン」のレシピをお伝えします!


もちろん、使うのはホームベーカリーSD-BT153。
これからの季節にぴったりの色のパンです!


■春色にんじんオレンジパン

            1斤      1.5斤

強力粉        250g     375g
スキムミルク    10g       15g
塩           4g        6g
ドライイースト    小さじ1    小さじ1.5
            (3g)    (4.5g)

蜂蜜         20g       30g
(砂糖でも0K)
ショートニング   20g       30g

ジュースの絞りかす
と水を合わせて   170ml    255ml

蜂蜜がにんじんの臭みを消してくれて、
ほんのりオレンジの香りが春を感じさせてくれます。


ひとつの材料で2度おいしいって、主婦にとっては嬉しいですよね。
同時に健康も美肌も守れるお勧めのレシピですので、ぜひお試しくださいね!

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

手軽にできる「フレッシュ&ヘルシージュース」!

こんにちは。
3月は卒業や新学期のシーズンで、我が家でも
毎日あわただしい日々を過ごしています。
そして季節の変わり目なので、気候の変化も激しく、
家族の体調管理も気になる時期ですよね。

我が家では、
ジューサーミキサーMJ-M30 を使ったフレッシュジュースを
朝食に取り入れて、一日の健康管理に役立てています。


最近は街中で、
フレッシュジュースのスタンドバーをよく見かけるようになりました。

私は買い物に出かけてのどが渇くと、
市販のジュースを飲まずに、
なるべくスタンドバーに立ち寄るようにしています。

時間がないときでも手軽に食物繊維やビタミンを取れるし、
季節感が感じられるし、
何よりフレッシュジュースはおいしいんです!


家庭で手軽にフレッシュジュースができると、
まず何より経済的!
そうして子供の苦手な野菜もいっぺんに取れるので、
とっても重宝しています。

特ににんじんや小松菜などは、
りんごとあわせてジュースにすると甘くてとても飲みやすいですよ。

風邪気味のときや疲れているときなど、本当にお勧めですので、
ぜひ作ってみてくださいね。

レシピはとっても簡単です!

■にんじんりんごジュース
(2人分)
にんじん   1/2本
りんご    1/2個
蜂蜜     小さじ1
レモン汁   少々
水       50ml

*小松菜の場合はにんじんの代わりに1/2束(100g)にする

作り方
皮をむいて一口大に切り、ジューサーに入れるだけ。
今日は清見オレンジを使い、にんじんオレンジジュースを作りました。


■にんじんオレンジジュース
(2人分)
にんじん   1/2本
オレンジ   1個
蜂蜜     小さじ1
レモン汁   少々
水       50ml


このジューサーは食物繊維量が切り替えできるので、
さらっとしたジュースから
とろみのある繊維たっぷりジュースまで、
好みに合わせて作れます。
この機種には豆乳用のサーバーもついているので、
いま流行の豆乳も自分で作りたい場合は便利ですよね。

ジュースを作った後の絞りかすも、
洗いやすい形のフィルターになっているので、
後片付けが非常に楽です。

今日はこの絞りかすを使って、
ホームベーカリー SD-BT153で、春色のきれいな
にんじんオレンジパンも作ってみました!

・・・と、長くなってしまいましたので、
レシピは次回お伝えしますね。

お楽しみに!

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

飯田 順子
お菓子研究家。
結婚後、かねてから大好きだったお菓子の研究をスタート。専門書をたよりにお菓子を作り続ける一方で、パティシエによる講習会にも参加し、独自のレシピを開発。
1998年より料理教室を始める。丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評で、生徒数は350人にも及ぶ。スイーツファンを集めて、都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスウィーツ・ツアーを定期的に実現する一方で、自らもフランスのエコール・リッツ・エスコフィエやルノートル パリ校でフランス菓子について本格的に学ぶ。
2008年KARACUのディレクトゥールに就任し、商品開発を手掛ける。ケーキやパンなどに関する著書多数。2011年4月より自宅にてパン・お菓子教室「アトリエフェーヴ」を主宰。

 
 
 
 

RSS 2.0RSSで購読する

RSSリーダーに登録しておくことで、特派員レポートの更新内容をいち早く知ることができます。

※別途RSSリーダーが必要です。
※RSSやRSSリーダーについてのお問い合わせにはおこたえすることができませんのでご了承ください。

 

メインコンテンツはここで終わりです。

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記