エンタメニュース

高杉真宙がロン毛&細眉に 映画『ギャングース』ビジュアル初公開

2018年02月14日 12時00分
映画『ギャングース』サイケ役の高杉真宙 (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
映画『ギャングース』サイケ役の高杉真宙 (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
 俳優の高杉真宙、加藤諒、ロックバンド・黒猫チェルシーの渡辺大知がトリプル主演を務める映画『ギャングース』(今秋公開)の劇中ビジュアルが14日、解禁された。

【写真】加藤諒&渡辺大知も個性的なビジュアルに変身

 原作は、『週刊モーニング』(講談社)で連載されていた肥谷圭介氏(漫画)、鈴木大介氏(ストーリー共同制作)による同名漫画。ルポライターの鈴木氏による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いて人気を集めた。少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す"タタキ"稼業を開始し、裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描く。

 窃盗団の作戦立案担当・サイケ役の高杉は、汚いロン毛と細眉になった姿を披露。工具に関する秀でた見識を持つカズキ役の加藤は人生初のモヒカン、窃盗団の車両担当で極限状態になるとキャラクターが豹変するタケオ役の渡辺は金髪に眉毛が半分ほどないキャラクターに変身した。

 『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『日々ロック』(14年)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17年)の入江悠監督がメガホンをとり、クランクアップは2月下旬を予定。
ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス