エンタメニュース

TVアニメ『ピアノの森』に斉藤壮馬・諏訪部順一・花江夏樹ら出演 ED曲は悠木碧

2018年01月31日 13時00分
TVアニメ『ピアノの森』に斉藤壮馬・諏訪部順一・花江夏樹ら出演 ED曲は悠木碧 キービジュアルも公開(C)一色まこと・講談社/ピアノの森アニメパートナーズ
TVアニメ『ピアノの森』に斉藤壮馬・諏訪部順一・花江夏樹ら出演 ED曲は悠木碧 キービジュアルも公開(C)一色まこと・講談社/ピアノの森アニメパートナーズ
 4月よりNHK総合で放送されるアニメ『ピアノの森』のメインキャストとキービジュアルが31日、発表された。斉藤壮馬、諏訪部順一、花江夏樹らが出演する。

【写真】アニメ『ピアノの森』に出演する花江夏樹ら豪華キャスト陣

 同作は、森に捨てられたピアノをおもちゃ代りにして育った主人公の一ノ瀬海が、かつて天才ピアニストと呼ばれた阿字野壮介や、偉大なピアニストの父を持つ雨宮修平などとの出会いの中でピアノの才能を開花させていき、やがてショパン・コンクールに挑戦するまでを描いた感動ストーリー。

 一ノ瀬役を務める斉藤は「以前原作を途中まで読んでいたのですが、今回改めて読み返して、面白すぎて一気に読み終えてしまいました。カイくんをはじめ、ピアノと向き合い、もがきながらも歩んでゆく彼らの人生を、心を込めて、楽しみながら演じさせていただきます」と意気込み。

 阿字野役の諏訪部は「オーディションに参加させて頂くことが決まり、改めて原作を読み返したのですが、あまりの面白さにページをめくる手が止まらず全巻を一気に読み終えてしまいました。そして、ショパンの全曲集を聴きまくっております」と言い、雨宮役の花江も「原作ファンの方にはもちろん楽しんで観て頂きたいですし、アニメ化を機により多くの方にこの作品を知って頂けるように精一杯演じさせて頂きます」とアピールした。

 そのほか小学校時代の一ノ瀬を白石涼子、雨宮を大地葉が演じる。

 アニメーション制作はガイナックススタジオが担当し、映画『マダガスカル3』『ヒックとドラゴン』などのCGスーパーバイザーを務めた中谷学氏が、日本で初めてテレビアニメシリーズの監督をすることが決まった。また、悠木碧がエンディング曲「帰る場所があるということ」(4月25日発売)を歌うことも発表された。
ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス