エンタメニュース

【TOEICスコア860点目標】リスニング全問正解でなくとも満点は出る

2018年01月26日 12時00分
【TOEIC】スコア860点目標者のためのリスニング攻略のコツ(写真はイメージ)
【TOEIC】スコア860点目標者のためのリスニング攻略のコツ(写真はイメージ)
 TOEICも上級レベルになってくると、スコアの伸び悩みに直面する。特にリスニングで満点を目指すのは苦戦する人も多いという。毎日コツコツ勉強をして万全の態勢でテストに臨んでも、100%の実力が発揮できなければもったいない。

TOEICのスコアに有効期限はあるのか!? “2年説”の真相も紹介

 TOEIC満点講師・早川幸治さんに、860点を目指す上級者へ、リスニング(聞き取り)問題でスコアを落とさないコツを教えてもらった。

「リスニングは100問すべて正解しなくても、96問から97問正解すれば満点は出ます。1問ぐらい聞き取れなくても気にしなくても大丈夫。TOEICは英語の知識とスキルを試す『健康診断』と意識して、変なプレッシャーを感じることなく受験してみてください」

 また、スコア860点とは、「ほぼ聞き取れる」ことを表す。受験する時には“上級者”としての心構えも必要になってくるという。

「リスニングは『聞ければ解ける、聞けなければ解けない』というシンプルなもの。解けなかった問題を悩むということは、時間が無駄になるだけではなく、ミスを誘発する可能性があります。テスト中の努力は報われません。“潔く諦めること”が、TOEIC攻略のスキルなんです」

 スコアアップを目指すなら、テスト時間を有効に使うことも大切。ひとつの問題に固執し、ふと気がつくと、肝心な問題文を聞き逃すなんてことにならないように注意が必要だ。

【プロフィール】
早川幸治(はやかわ・こうじ)
ニックネームはJay。株式会社ラーニングコネクションズ代表取締役。これまで全国120社以上の企業、大学、高校で英語研修や授業を担当。著書はベストセラー「2カ月で攻略 TOEICテスト730点!」など多数。高校2年で英検4級に不合格から学習をスタート。TOEIC 990点(満点)、英検1級。プレゼンセミナーや、ルー大柴さんとトゥギャザー研修も実施中。
ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス