エンタメニュース

主役級コーヒーソルベを堪能! ハーゲンダッツ『香る珈琲バニラ』は本当に“香る”?

2017年07月16日 10時00分
リニューアルしたハーゲンダッツの『香る珈琲バニラ』を食べてみた! (C)oricon ME inc.
リニューアルしたハーゲンダッツの『香る珈琲バニラ』を食べてみた! (C)oricon ME inc.
 2014年から3年間発売されていた、ハーゲンダッツのミニカップシリーズ『珈琲バニラ』。今年は、コーヒーの本格的な香りと苦味を追求し、名前も『香る珈琲バニラ』にリニューアルして新登場している。編集部では、香りがプラスされた新作と、前回との違いを食べ比べしてみた。

【写真】パッケージもリニューアルした『珈琲バニラ』

 パッケージにもコーヒーミルが描かれ、コーヒーの持つ風味へのこだわりを感じる。豆も手摘みした、コロンビア産のアラビカ種完熟豆を使用しているそう。フタを開けると、どちらも変わらずコーヒーソルベとバニラアイスクリームがマーブル状に混ぜ込まれているが、新作からはコーヒーの香ばしい香りが漂う。これは「凍結濃縮製法」により、しっかりフレッシュなままのコーヒーの風味を閉じ込めているから。しっかりコーヒーのアロマを感じながら、食べてほしい。

 豆の中にある油脂分を抽出したコーヒーオイルを追加し、心地よい苦みを楽しむことができるそう。見た目でも、新作は若干ソルベの色味が濃いのがわかる。コーヒーとバニラのミルキーでほのかな苦みが人気だった前作『珈琲バニラ』。今回は、同社オリジナルの濃厚でコクのあるバニラに混ざらない、主役級コーヒーソルベが堪能できる。シャリッとした口当たりとキリッとした苦みを、鼻と舌でしっかり感じてみて。

【商品詳細】
ミニカップ『香る珈琲バニラ』
税込価格:294円
販売先:全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、デパート
ORICON NEWS
ニュース提供:ORICON NEWS
トピックス