• エクササイズ
  • カロリー
  • リラックス
  • ビューティー&キレイ
  • 診断チェック
  • ダイエットQ&A
キケン!間違ったダイエット方法 キケン!間違ったダイエット方法
「ダイエット方法」と呼ばれるものは数百種類ありますが、中には効果のないもの、健康に悪影響を与えるものも少なくありません。キケンなダイエットとはどのようなものか、考えてみましょう。

間違ったダイエットとは

正しいダイエットは、バランスのいい食生活と適度な運動による減量。では、間違ったダイエットとはどのようなものでしょうか?
間違ったダイエット
1) 断食など極端な食事制限
減量という意味では速効性がありますが、人間の体に最低限必要な栄養を摂取できず筋肉量が低下するため、基礎代謝量が落ちてリバウンドしやすくなります。
→基礎代謝についてくわしくは「基礎代謝を増やそう!

→リバウンドについてくわしくは「なぜリバウンドするの?
2) 単品の食品に偏った食事
りんご、ゆで卵、グレープフルーツなど、単品の食品のみを摂取するダイエットは、断食同様に栄養素を摂取できず、リバウンドもしやすい体になります。
3) 下剤、利尿剤の使用
体内の水分が排泄により失われますので体重は減りますが、脂肪は減りません。また過度になると脱水症状となり、健康にも被害を与えます。
4) 薬品やサプリメントの誤った使用
「飲むだけで痩せる」とうたわれている商品もありますが、摂取カロリーと消費カロリーを減らさない限り、「飲むだけで痩せる」ということはあり得ません。薬品やサプリメントは、ダイエットの補助として正しく使用しましょう。

健康への悪影響

間違ったダイエットは、私たちの健康にどのような悪影響を与えるのでしょうか?
間違ったダイエットによる健康被害
1) 骨粗鬆症
骨粗鬆症は、カルシウム吸収を促進するマグネシウムの欠乏や、ビタミンDの不足などが原因で起こります。骨のカルシウム(骨量)は10代~30代に増加し、それ以降は減っていきますので、10代や20代の頃に誤ったダイエットでカルシウムを摂取できないと、骨粗鬆症になる危険性があります。
2) 摂食障害
脳の視床下部にある食欲中枢が、私たちの食欲をコントロールしています。しかし間違ったダイエットによる異常な食習慣が続くと、脳が食欲中枢をコントロールできなくなり、過食や拒食など摂食障害の原因となります。
3) 婦人科系トラブル
バランスの悪い食事、過剰なダイエットにより栄養が低下すると、卵巣の機能が働かなくなり、その結果女性の体をコントロールしている2種類の女性ホルモンはの分泌量が低下します。その結果、月経不順、無月経、無排卵といった婦人科系のトラブルになりやすく、将来不妊の原因となってしまうこともあります。
→女性ホルモンについてくわしくは「女性ホルモンとダイエットの関係
次回は、ココロのリラックスとダイエットについて考える「ふんわりリラックスがダイエットの秘訣!?」です。
こちらのページもCHECK!
1ヶ月で目指せ-3kgダイエット
ボディリメイクエクササイズ
ダイエットのことならクチコミ広場

ページTOPへ
ダイエットナビのコンテンツは記事作成当時の情報を元に作成しておりますが、最新の情報と異なる場合がございます。
Panasonicからのお知らせ
1週間のダイエット献立
ダイエットナビ コンテンツ メニュー

CLUB Panasonic コインモール

ネットショッピングや、無料のカード発行・自動車保険見積でも「クラブPコイン」が貯まります。

クラブPコインは1コイン=1円。キャンペーンや商品購入などでも貯まるお得なポイントサービスです。はじめての方は「CLUB Panasonicコインご利用ガイド」をご覧ください。

コインモールのご利用は会員登録とコインご利用手続きが必要です。

ここからのコインご利用手続き登録(無料)で200円分コインプレゼント
お菓子・カップラーメン・調味料など、さまざまな食品に関して、ダイエットに役立つ「カロリー」や「栄養価情報」の他、「売上ランキング」など毎日のお買い物に役立つ情報もご紹介します。
人気のカテゴリー
カップ麺  インスタント袋麺  菓子パン  調理パン  プレミアムアイス  チョコレート  スナック  調理済みカレー