• エクササイズ
  • カロリー
  • リラックス
  • ビューティー&キレイ
  • 診断チェック
  • ダイエットQ&A
女性ホルモンとダイエットの関係 女性ホルモンとダイエットの関係
女性の女らしいカラダ、そして生理をはじめとするサイクルを司っている「女性ホルモン」。女性ホルモンの分泌は、ダイエットにも大きな関係があるのです。

女性ホルモンは2種類

女性ホルモンは卵巣から分泌され、「エストロゲン」と呼ばれる“卵胞ホルモン”と、プロゲステロンと呼ばれる“黄体ホルモン”の2種類があります。
エストロゲン(卵胞ホルモン)
排卵に関わるホルモンです。卵巣や子宮の発達を促し、女性らしい体つきを作り出します。また、体内のカルシウム量を調整し、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きもあります。更年期になると排卵がなくなるので、分泌されなくなります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)
女性の生理に関わるホルモンです。子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達などを促します。妊娠すると常に分泌されるようになります。また、血糖値を正常にして体脂肪を減らすなどの働きもあります。このホルモンが分泌されている間は、イライラしたり精神的に不安定になります。

女性ホルモンとダイエット

では、この2種類のホルモンが、私たちのダイエットにどう関わってくるのでしょうか?
痩せるホルモン、太るホルモン
エストロゲンが多く分泌されている時期は、心身共に体調がよくなり、集中力もアップ。ダイエットや運動の効果も出やすくなります。
反対にプロゲステロンが分泌されている時期は、体が疲れやすくなり気持ちもイライラしがち。水分を溜め込みやすくなるのでむくみが出て、大腸の蠕動運動が低下しするので便秘になりがち。自律神経の働きも鈍くなり、ダイエットの効果が出にくい時期です。
ダイエットをスタートするなら、エストロゲンが分泌されている時期に、プロゲステロンが分泌されている時期は、無理なダイエットは控えましょう。

女性ホルモンと体のサイクル

この2つのホルモンが分泌されているリズムを知って、快適なダイエットライフを送りましょう!
女性ホルモンの分泌サイクル
【生理】 生理がはじまった日から約1週間:エストロゲン、プロゲステロン共に一定
 
【卵胞期】 生理終了~排卵前:エストロゲン分泌量増加
 
【排卵】 排卵日前後3~5日間:プロゲステロン分泌量増加
 
【黄体期】 排卵後~次の生理まで:エストロゲン分泌量低下
つまり、ダイエットに最適の時期は生理が終わった直後の【卵胞期】。反対に排卵後から生理直前までの【黄体期】は、ダイエットに向いていない時期だということになります。「PMS(月経前症候群)」が起こるのもこの【黄体期】です。
PMS(月経前症候群)についてくわしくは→「PMSをやわらげよう!
次回は、肥満の恐ろしさ、危険性をご紹介する「肥満が引き起こすカラダのリスク」です。
→「肥満が引き起こすカラダのリスク
こちらのページもCHECK!
婦人科検診と乳ガンチェック
女性の生理と生理用品
ライフスタイルチェック ストレスチェック編

ページTOPへ
ダイエットナビのコンテンツは記事作成当時の情報を元に作成しておりますが、最新の情報と異なる場合がございます。
Panasonicからのお知らせ
1週間のダイエット献立
ダイエットナビ コンテンツ メニュー

CLUB Panasonic コインモール

ネットショッピングや、無料のカード発行・自動車保険見積でも「クラブPコイン」が貯まります。

クラブPコインは1コイン=1円。キャンペーンや商品購入などでも貯まるお得なポイントサービスです。はじめての方は「CLUB Panasonicコインご利用ガイド」をご覧ください。

コインモールのご利用は会員登録とコインご利用手続きが必要です。

ここからのコインご利用手続き登録(無料)で200円分コインプレゼント
お菓子・カップラーメン・調味料など、さまざまな食品に関して、ダイエットに役立つ「カロリー」や「栄養価情報」の他、「売上ランキング」など毎日のお買い物に役立つ情報もご紹介します。
人気のカテゴリー
カップ麺  インスタント袋麺  菓子パン  調理パン  プレミアムアイス  チョコレート  スナック  調理済みカレー