• エクササイズ
  • カロリー
  • リラックス
  • ビューティー&キレイ
  • 診断チェック
  • ダイエットQ&A
脂肪を燃やすメカニズム
脂肪細胞を減らすには、脂肪を燃やす必要が!
今回は、脂肪細胞とその燃焼の仕組みについてご説明します。

脂肪細胞とは

肥満の現象は、脂肪細胞の増殖や増大にあります。では、脂肪細胞とはどのような働きをするのでしょうか?
脂肪細胞
人間の体には60兆個の細胞があり、そのうちの一種が脂肪細胞で、250億個~300億個あります。脂肪の合成、分解、蓄積はこの脂肪細胞の中で行われているのです。脂肪細胞には「白色脂肪細胞」(WAT)と「褐色脂肪細胞」(BAT)の二種類があり、それぞれに役割が異なります。

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞

二種類の脂肪細胞である「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」は、それぞれ特徴的な役割を持っています。
白色脂肪細胞
体の大半の脂肪細胞で、余ったエネルギーを脂肪として体内に蓄積する働きがあります。妊娠末期の3カ月(胎児期)・ミルクで育つ乳児期・思春期に集中して増殖する細胞で、一度作られると数は減少しません。そして白色脂肪細胞は15倍まで膨らみ、脂肪太りの原因となります。
褐色脂肪細胞
背中(肩甲骨のあたり)や首周り、胸などに少量存在する細胞で、エネルギー熱に変換する役割を持っています。幼児期に多く、成人になると減少していきします。

脂肪を燃やすメカニズム

たまった脂肪を分解・燃焼し、エネルギーとして体外に放出することが、肥満の解消につながります。では、脂肪はどのようにして燃焼するのでしょうか?
脂肪燃焼メカニズム
活動エネルギーが必要な状態(有酸素運動など)となる

脳が脂肪を分解してエネルギーを生成するよう命令を出す

ノルアドレナリンやアドレナリンなどの「脂肪動員ホルモン(アデポキネチックホルモン)」が分泌される

脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が活性化する

脂肪が分解され、グリセロールと遊離脂肪酸となり血液中に放出される

全身の筋肉で脂肪酸がエネルギーとして燃焼される

せっかく脂肪が遊離脂肪酸に分解されても、燃焼できなければ再び脂肪へと戻ってしまいます。分解した遊離脂肪酸を燃焼するためには、一定時間以上の運動が必要です。
こちらのページもCHECK!
ライフスタイルチェック:隠れた肥満危険度チェック
ライフスタイルチェック:脂質摂取量チェック

ページTOPへ
ダイエットナビのコンテンツは記事作成当時の情報を元に作成しておりますが、最新の情報と異なる場合がございます。
Panasonicからのお知らせ
1週間のダイエット献立
ダイエットナビ コンテンツ メニュー

CLUB Panasonic コインモール

コインモールならダイエットのお買い物でも「クラブPコイン」が貯まります。

クラブPコインは1コイン=1円。キャンペーンや商品購入などでも貯まるお得なポイントサービスです。はじめての方は「CLUB Panasonicコインご利用ガイド」をご覧ください。

コインモールのご利用は会員登録とコインご利用手続きが必要です。

お菓子・カップラーメン・調味料など、さまざまな食品に関して、ダイエットに役立つ「カロリー」や「栄養価情報」の他、「売上ランキング」など毎日のお買い物に役立つ情報もご紹介します。
人気のカテゴリー
カップ麺  インスタント袋麺  菓子パン  調理パン  プレミアムアイス  チョコレート  スナック  調理済みカレー