昼の街探検!夜の幻想的な風景!魅力たっぷりの九フンへ行こう

  • 風景
  • 町並み
  • ロケ地・舞台
  • 映画
  • グルメ
  • 伝統料理・名物料理
  • ショッピング
  • お土産
記事作成日:2016/11/18
台北市から日帰りで行ける九フンは、台北市内より電車・バスを乗り継いで約1時間、台湾北部の山間の街です。赤い提灯が創り出すノスタルジックな街並みは、まるで映画の世界に迷い込んだかのよう。そんな人気の観光地・九フンの、昼・夜の楽しみ方、お土産屋等をご紹介いたします。九フンを含めた台湾旅行プランを組み立てる際、どの時間帯に九フンに行くかお悩みの場合、こちらをご参考になさって下さい。
  • 人気ショップいち押しのおすすめ旅行プランで最高の旅を。秋旅行特集

九フンってどんな街?

出典元:MISAKI IIDA
台湾北部新北市の山間に位置する九フンは、19世紀末より金鉱の採掘が始まり、日本統治時代に街が大きく発展。その後、金の採掘量が減り1971年に閉山となりましたが、1989年侯孝賢監督の映画「非情城市」の舞台となったことで、再び観光地としてにぎわいを取り戻しました。
日本では、誰もが知っていると言ってもいい程有名な、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」の世界観を彷彿とさせるような街並みとして、台湾旅行の際の行先に、人気の観光地となりました。

日中から夕刻の九フン

出典元:MISAKI IIDA
九フンの街は中央に伸びる豎崎路、豎崎路に交わり左右に伸びる基山街と軽便路沿いに雑貨屋・土産屋・飲食店が軒を連ねています。階段が多く街全体を見渡すことが出来ない為、細い路地を進み、どんな店があるのだろうとワクワクしながら散策することが出来ます。お天気のいい晴れた日には基山街を抜けたところにある高台より眺める、夕暮れの空と海が創りだす美しい風景は格別です。

土日や観光シーズンは多くの人が訪れる九フンですが、一人旅や女子旅の場合は、入りくんだ路地も多いため、明るい時間帯から夕刻の時間帯をおススメします。また散策中、同行者とはぐれてしまった時、豎崎路一番下の交番を目印にしておくとわかりやすいです。

提灯が燈る夜の九フン

出典元:MISAKI IIDA
夕方から夜にかけ、街中の提灯が明かりを燈し、さらに幻想的でノスタルジックな風景が広がります。
美しい夜の九フンの中で特に人気のフォトスポットは、豎崎路中央あたりに位置する『阿妹茶樓』(あめおちゃ)。千と千尋の神隠しの湯屋のような立派な茶館、こちらでは中に入りくつろいでも良し、外観を楽しんでも良し、外すことの出来ないスポットです。

また台湾北部で最初に出来た映画館と言われる『昇平戯院』前から真っ直ぐに伸びていく、坂と提灯が創りだす風景がおススメです。日本にもなじみのある提灯ですが、アジアの文化を感じられる美しい九フンの街を心行くまで写真におさめてください。

おもしろ雑貨やお土産を探そう

出典元:MISAKI IIDA
九フンはその美しい風景だけではありません。街の雑貨屋には九フンならではのお土産が揃うお店、かわいい雑貨を揃えているお店、個性的なお店など様々で、下調べなしでぷらっと道沿いに歩いていても楽しめてしまいます。

中でも異様な魅力を放つ『泥人呉』というギャラリーでは、たくさんの奇妙なお面が壁中に飾られています。その中に顔はめパネルも混ざっており、遊び心満載です。九フンの細い路地の中には小さなゲームセンターのようなところもあり、街の規模は大きくありませんが、写真を撮ったり、茶館に入って休憩をしたり、散策をしていると1~2時間はあっという間です。

おわりに

美しい風景、おいしい料理と魅力溢れる九フンは時間帯、季節や天気によって異なる楽しみ方が出来る為、何度訪れても飽きません。また九フンでは『観る』の他、おいしいグルメもおススメです。

中でも九フン名物のスイーツ 芋圓の専門店“ライ阿婆芋圓”は、タロイモを使ったほんのり甘い、もちもちの団子をいただくことが出来ます。道沿いに様々な名物料理が並んでいますので、休憩しながらお腹も満たして下さい。

九フン観光の際の補足情報。天気予報が雨の場合、台北市で小雨だとしても、山間の街九フンでは大雨の可能性があります。必ず雨具を用意して行かれるとこをおススメします。また天気に限らず、九フンは急な階段やすべりやすい道が多い為、ヒールの高い靴は避けた方がいいでしょう。

また九フンの店舗は、20時頃すぎには閉店するところもあります。その為夜遅くまで滞在することなく20時頃には九フンを出て、その後台北市の夜市観光というプランも可能です。
  • 人気ショップいち押しのおすすめ旅行プランで最高の旅を。秋旅行特集
記事提供:Travel.jp
旅行やホテル予約はCLUB Panasonic がおトク