Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

ベーカリー倶楽部

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記

お菓子研究家・飯田順子さんの、パナソニックのホームベーカリーで作るパンのレシピや情報が満載のブログです。

ベーカリー倶楽部トップへ フェーヴのパン日記 トップへ
 

ゆっくり冷蔵発酵で作る枝豆ベーコンのプチフランス

こんにちは!毎日暑い日が続きますね。
こう暑いとあまりこったパンが作れず、食欲も減退するので、
ひとつでお野菜とお肉が取れるようなパンが作りたくなり、
シンプルなフランスパン生地で、ゆっくり発酵の枝豆ベーコンのプチフランスを焼きました。

なぜフランスパン生地が作りやすいかというと、あまりこねない!ということです。
生地がまとまればOKなんです!
こねは5分くらいで終了です。
食パンやテーブルロールはグルテンを出すため
しっかりとこねなければいけないのが普通ですが、
フランスパンは反対にグルテンを出してはいけないのです。
グルテンを出しすぎるとフランスパンの気泡が少なくなって
あの独特な食感が損なわれてしまいます。

生地作りは短時間で、しかも簡単にできるのです。
そのかわり発酵は少し長くなります。イーストのえさとなる糖分も
少ないので、そのまま作るには90分~120分の一次発酵が必要ですが、
おすすめは「一晩冷蔵庫に入れ翌日焼く」冷蔵発酵です。

P6254676.jpg

冷蔵庫内(約5℃)でもイーストはゆっくりと発酵します。
7時間~10時間くらい冷蔵庫に入れておけますので、時間の融通がききます。

朝食に合わせて時間を調節し、週末などの朝に、焼きたてを食べることも
できますし、朝の家事をこなしてから10時くらいからゆっくり焼こうとか、
その日の都合に合わせて焼けるところが魅力だと思っています。
スローなゆるい感じで作れる冷蔵発酵パンは、時間に追われることがなく、
またタイムスケジュールに幅を持たせることができるので、忙しい私たちの
暮らしには、むしろ向いているのではないかと思います。

また、ゆっくり急がずにイーストが発酵するので、生地のうまみが増し、
粉の味がするパンが焼けますよ。
夏休みの時間があるときに、まずは試してみてくださいね!


【枝豆ベーコンのプチフランス】
(8個分)
中力粉(フランス粉)  250g
砂糖           1g
塩            3g
水           160g
ドライイースト      1g

フィリング
枝豆(正味)       80g
ベーコン         80g


「作り方」
1:枝豆は軽くゆで、房からはずしておく。
  (枝豆は170g位をゆでて80g位です)
  ベーコンは短冊切りにする。
2:パンケースにイースト以外の材料を全部入れ、
  イースト容器にイーストをセットする。
3:本体にセットし、生地コースのスイッチをスタートする。
4:生地がまとまったら枝豆とベーコンを加え、軽く混ざったら
  スィッチを切り、生地を取り出す。
5:生地にラップをして室温で夏は90分(冬は120分)一次発酵をとるか、
  冷蔵庫で一晩発酵させる。(7時間~10時間くらいOk)
6:生地をとりだしたら8等分に分割し、丸めてベンチタイム20分とる。
7:再び丸めなおして天板にのせ、40分二次発酵させる。
8:オーブンを220℃に予熱し、天板ごと温めておく。
9:パンにクープ(切込み)を入れ、霧吹きをかけ、熱い天板にのせて
  15~20分焼く。
  ビストロオーブンの場合、フランスパンのモードを使うと自動的に
  霧が吹きかけられ、上手に焼けます!


DSC_0536.jpg

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

エッグベネディクト

こんにちは。
あっという間に7月ですね。

これから暑くなり、パン作りも時間と手間がかかるものは敬遠しがちです。
夏メニューでお勧めなのがイングリッシュマフィンと
それを使ったエッグベネディクトです!

イングリッシュマフィンは発酵時間が短く、
1時間30分ほどで作れますし、
冷凍にも向いているのでとても便利なパンです。

お酢を入れてこねるのには発酵を早める働きと
生地がだれるのを防ぐ効果があります。

このメニューは夏のブランチにピッタリで、
ハワイのパンケーキ屋さんでよく見かけ、NYでは朝食の女王と呼ばれています。

そもそも一説によるとベネディクトさんという人
(この人物については銀行家、ヨット愛好家など諸説あります)が
二日酔いでホテルに滞在した際、朝ごはんを食べやすく
おいしいものにするよう命じて生まれたメニューなんだそうです。

ポーチドエッグはお酢を入れたお湯を静かに沸かし、
菜箸でよくかき混ぜたところに落し入れるのが上手に作るポイントです!

不思議なことにお酢を入れると卵白が散らばりにくくなります。
夏の休日、ブランチにおしゃれなパン&料理でリゾート気分を満喫しましょう!


「イングリッシュマフィンの作り方」(10個分)
強力粉      350g
さとう      14g
塩        7g
お酢       7g
無塩バター    7g
水       245g
ドライイースト  3g

(トッピング)
コーンミール   少々
(なければ白ごま、けしの実などで代用)


「エッグベネディクトの作り方」(2人分)
イングリッシュマフィン 2個
ポーチドエッグ     2個

(オランデーズソース)
卵黄          2個
溶かしバター(無塩)   50g
レモン汁      小さじ1
レモンの皮        少々
しお・こしょう
好みでカリカリベーコン、ハム、サーモンなど

仕上げ用にパセリ、パプリカのみじん切り 少々


(イングリッシュマフィン)
1:イングリッシュマフィンを作る。
パンケースに強力粉~水までを入れ、ホームベーカリーにセットする。
2:ドライイーストをイースト容器に入れ、生地コースをスタートする。
3:ピッピッとなったらスイッチを切り、生地を取り出し10個に分割する。
4:ベンチタイムは取らず、すぐに丸めてリング型に入れる。
(リング型は2×8㎝の丸型です。ない場合はアルミで手作りできます)
5:霧吹きをかけコーンミールをふり、10分おく。
6:5の上に鉄板をかぶせて生地を挟み込むようにし、170℃のオーブンで13~15分焼く。

P6184603.JPG


(エッグベネディクト)
1:ポーチドエッグを作る。鍋にお湯を500㏄とお酢50㏄を入れ沸かす。
2:沸いたら弱火にし、菜箸でぐるぐると渦を作り、そこに卵を落す。
3:軽くまとめて2分間加熱し、静かに取り出す。
4:オランデーズソースを作る。
5:ボウルを湯煎にあて、卵黄を白っぽくなるまで泡立てる。
6:5に溶かしバターを少しずつ加え混ぜる。
7:レモンの皮、レモン汁、塩こしょうを加え、味を調える。
8:お皿に軽くトーストしたイングリッシュマフィンをのせ、
その上にカリカリベーコンやハムなどをのせ、ポーチドエッグ、
オランデーズソースをかけ、あればパセリやパプリカのみじん切りをふる。

P6194604.JPG

                        コメント数(0) | コメントを全部見る            

コメントする

※コメントするにはCLUB Panasonic会員登録が必要です。

 
 

飯田 順子
お菓子研究家。
結婚後、かねてから大好きだったお菓子の研究をスタート。専門書をたよりにお菓子を作り続ける一方で、パティシエによる講習会にも参加し、独自のレシピを開発。
1998年より料理教室を始める。丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評で、生徒数は350人にも及ぶ。スイーツファンを集めて、都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスウィーツ・ツアーを定期的に実現する一方で、自らもフランスのエコール・リッツ・エスコフィエやルノートル パリ校でフランス菓子について本格的に学ぶ。
2008年KARACUのディレクトゥールに就任し、商品開発を手掛ける。ケーキやパンなどに関する著書多数。2011年4月より自宅にてパン・お菓子教室「アトリエフェーヴ」を主宰。

 
 
 
 

RSS 2.0RSSで購読する

RSSリーダーに登録しておくことで、特派員レポートの更新内容をいち早く知ることができます。

※別途RSSリーダーが必要です。
※RSSやRSSリーダーについてのお問い合わせにはおこたえすることができませんのでご了承ください。

 

メインコンテンツはここで終わりです。

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > くらしを楽しむ情報 > ベーカリー倶楽部 > フェーヴのパン日記